金沢発つれづれなるままに


by かな

夏眠性球根地生蘭の今とC.Eximia(カトレア;イキシミア)

この時期、いわゆる「夏眠性球根地生蘭」と呼ばれるプテロやテリミトラ、ディウリス、カラデニア、オフリス・・・等が目覚めて芽を出し始めています。オーストラリアやヨーロッパ産の蘭の仲間です。今年はTWITTERで仲良くしている方から結構な数の球根を分けて頂きました。初夏から、夏にかけては水やりを辛めにしてガマン・ガマンでした。やはり水が大好きなバンダから普通のカトレア類をメインにしていると、どうしても”水を遣りたい病”なのでついつい余計なことを考えてしまいがちで辛かったです。まだまだ小さい芽ですので、これからは沢山日に当てて水やりを頑張っていきます。うまくいけば春先に花が見れるでしょうか?

交配カトレア;イキシミア
それぞれ2番花の開花です。一口に「イキシミア」と言っても、やはり個体差があります。
d0007501_04310217.jpg

今日もありがとうございました。日々の励みになりますのでポチッと
一押しよろしくお願い致します。

新築RC住宅の我が家紹介;近藤建設
設計士事務所
RC DEZING STUDIO


[PR]
Commented by D at 2017-10-18 15:28 x
球根だったら水はそんなにいらないですね。

腐らせないようにご注意下さい。
Commented by かな at 2017-10-18 20:34 x
Dさん、その通りです。
でも、チューリップに始まって、
球根はにがてだったのでひやひやです。
プテロスティヌスや千鳥は少しうまくできるようになりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chika-kana | 2017-10-18 05:05 | 交配カトレア | Comments(2)