金沢発つれづれなるままに


by かな
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

コクシネア

d0007501_18392263.jpg

             Soph.coccinea 2花茎2輪開花  
朱赤がとっても鮮やかできれいなコクシネア。花は小さいけれど、温室の中で咲いているその姿は存在感がいっぱいです。現地では、枯れかけた巨木や岩肌にびっしりと咲いた姿を見かけることは、ほとんどなくなったとか。たった1輪、2輪のコクシネアを見ただけでも、山肌が真っ赤に燃えたように咲き誇る・・・(三浦二郎さんのインターメディア特集)というお話が、今でも鮮明に蘇って来るから不思議です。また、大きい花が一休みする頃咲いてくれるこの花は、やはり貴重です。我が家には現在開花&蕾が5・6鉢あって楽しませてくれています。人気blogランキングへ;一押しお願い致します!
[PR]
by chika-kana | 2006-02-20 02:31 | その他の蘭 | Comments(8)

アンセプス・アルバ

d0007501_5163258.jpg

     L.anceps ’Snow Bird’ 2花茎5輪開花
ラベルには、「L.anceps ’Snow Brerd’(Mem.Bob Norton×Sanderiana)」となっています。色々調べたり、蘭友さんに調べて頂いたのですが、ラベルの表記間違いかプライベート・クロスか、それともそのまんまの名前なのか? 自分ではてっきり、「Snow Bird」だと思い込んでいたので、はっきりするまで、とりあえずはこの個体、「スノー・バード」と読んでいることに致します。でも、「ラベルは蘭にとっては命。名無しの札のついた蘭は価値がない」何てきつい言葉を、蘭栽培のスタート時点でのバイブル書に欠いてあったことを憶えています。まあ、いいかあ。自分で楽しんでいる分にはー。(bぉgと言う公の場に登場させるのは気がひけますが。)

長々と書いちゃいましたが、けなげに、凛として咲いているこのアンセプスを観ていると、L.ancepsのSanderiana系の良さが少しずつ理解できました。リップはフラットではないけれど、リップの先には、ほんのりと淡いピンク色がのっていて、サンデリアナ系の良さを気に入って交配した作出者の気持ちが伝わってきます。花も大きいので、これにもまして花茎、輪数を増やしてあげたいなあと思っています。 名無しの○○でも、蘭を育てる意味は全く同じですから・・・。
             人気blogランキングへ
[PR]
by chika-kana | 2006-02-10 05:40 | (従来の)レリア | Comments(9)
アンセプス・アルバをUPの予定でしたが、ピンチヒッター君の登場です。
d0007501_16591955.jpg

            Den.nobile  selected-Wild 
ネパール原産のノビルです。蘭を始めたのはDenがスタート、まもなく下垂系のDenに凝って、次第にカトレアに移ってきた経緯があります。回帰現象とでしょうか?3・4年前に以前から大切にしていた20年来デンドロ・ノビルが盗まれてから、どうしても愛着の年を絶ち得なかったのでネットで購入しました。その2株の中の個体名なしの株です。ヘゴ板を平らにして植え込んであります。成長半ばと言った状態ですが、咲きそろうとそれなりにきれいです。ちなみにバックの雪は、先週末にかけた雪で、もうすっかり解けてしまいました。
                 人気blogランキングへ
[PR]
by chika-kana | 2006-02-08 06:38 | その他の蘭 | Comments(8)
d0007501_19464629.jpg

           C.trianaei concolor 1花茎2輪開花
前回紹介した株の蕾が開きました。また、またUPしてしまいましたが、
今回の方が花の色ののり方もきれいです。トリアネーの中では、
形は整型花とは程遠いものですが、リップの色合い、ペタルの色が
何とも楚々としてしかも、何かしら”色気”も感じさせてくれています。
ふっくらした豪華な花も良いが、このように野性味があるのは、
やはり「山採り株」ならでは!だと思います。
d0007501_1758334.jpg

           Lc.Mona Pink"Hiromi"BM/JOGA
これは、Lc.Pri Pri × Lc.Mini Purpule の交配です。
いろんな個体があるようですが、真ん丸ペタルに、スプラッシュ、リップの
朱赤が鮮やかです。サンシャイン蘭展での個体が気に入って取り寄せ
ました。                
d0007501_181098.jpg

                    Lc.White Island
C.walkeriana とL.jongheanaの交配です。岡崎の黒扇さんから譲って
頂いた個体が開花し出しました。整形で、雪のようにキラキラと光るペダルが
素敵です。
             
                   人気blogランキングへ
[PR]
by chika-kana | 2006-02-03 19:56 | 原種カトレア | Comments(12)

カトレア;シュローデレ

d0007501_1844934.jpg

       C.schroderae2花茎3輪開花2蕾
我が家で初めての「カトレヤ シュローデレ」です。みなさんの温室とか蘭展で良く見かけてはいたのですが、なかなか買うまでの必要性を感じてはいませんでした。
こうやって育てて、咲いた花を見ると、みなさんに人気がある花だというのがよく分かります。
フレグランス部門では、優等生のシュローデレ君、やはりいい香でしたよ。(なで、なで)人気blogランキングへ
[PR]
by chika-kana | 2006-02-02 18:55 | 原種カトレア | Comments(3)