金沢発つれづれなるままに


by かな
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

d0007501_1951012.jpg

d0007501_19541366.jpg


明日からはもう11月です。秋を代表するラビアータの季節から、トリアネーやパーシバリアナ等々の冬の花が待っています。今回の花は、ラビアータ・セミアルバの中でも代表的な’Marina’、1花茎3輪開花です。コンパクト・サイズだったクックソニーと比べると、随分と大型の株&花です。
[PR]
by chika-kana | 2006-10-31 18:57 | 原種カトレア | Comments(27)
d0007501_12283255.jpg


エリデス・ローレンセアナです。シナモンのような芳香があり、種名はイギリス人 T. Lawrence 夫人にちなんでつけられたと言われています。D.S、L.S、 P、L.白色地に先端紫紅色、Cは白色です。フィリピンのミンダナオ島にのみ自生し、株は大きくなると1m以上になります。花茎は伸びると 60cmぐらいになり(現在40cm位)、径3~4cmの花を多数つけます。この個体は、咲き始めはホワイトがやや弱く緑色っぽく、徐々に純白になってきます。なんとも愛らしい花です。 

PS. TOTORO-Kさんのアイデアを頂戴して、個体名を「キャンディー・キャンディー(Candy Candy)」と命名致しました。(笑)
[PR]
by chika-kana | 2006-10-29 12:54 | その他の蘭 | Comments(15)

Lc.Eximia

d0007501_4561594.jpg


ワーネリーとパープラタの交配、大型タイプのセルレア花です。
もう1花茎からは2輪蕾が上がっていますが、蕾の先っちょを痛めているので、この1輪だけ撮りました。普通は1花茎2輪ずつ大きな花を開花させます。株は結構大きくなるので、コンパクトであったらもっと素晴らしいのになあ~と思います。今は亡き浜坂氏の交配です。
[PR]
by chika-kana | 2006-10-28 05:14 | 原種カトレア | Comments(2)

Angraecum distichum

d0007501_684321.jpg


             アングレカム・ディスティカム

自生地ギニア、シエラレオネ、ウガンダ、アンゴラです。1つ1つの花は、本当にちっちゃくて、良く見ると花びらが白く輝いています。こんな可愛い蘭を、もやったジャングルの中で見つけたら・・・。もう堪りませんね。我が家では数少ない、小さな、小さな蘭ちゃんでした。小さいのは慣れなくて、最初反対向きに貼っていました。(-_-;)

   
[PR]
by chika-kana | 2006-10-27 04:32 | その他の蘭 | Comments(6)

C.maxima 'Kanariencis'

d0007501_18452522.jpg

ローランド、多花生タイプのマキシマです。
昨年は3花茎。1花茎に16輪開花という記録を作りました。今年は?というと、2花茎で1花茎の輪数は10輪です。ちょっと物足りないかなあ~といった状態です。
この株は本当にバルブ丈が高くて50cmもあります。今年も咲いてくれてありがとう!の気持ちです。(^_^)v(~o~)(^_^)v
         
  
[PR]
by chika-kana | 2006-10-26 18:44 | 原種カトレア | Comments(0)
d0007501_201499.jpg


前回紹介したマキシマ・tipoです。
日毎にその色を濃くして、なかなか良い色になってきています。
そこで再度UP致しました。ご覧下さいね。

(お詫び)
メニューにログインできなくて、急遽yahooでブログを開設しましたが、元に戻りました。
リンク先を替えて頂いた方には申し訳ありませんが、これまで通り使い勝手がよいのでこのエキサイトブログで続けていきます。 今後ともよろしくお願い致します。尚、yahooブログでの記事やコメントは、勝手ながら写してコメントに記入しましたので、ご了承下さいませ。 (by かな)
[PR]
by chika-kana | 2006-10-25 20:06 | 原種カトレア | Comments(4)
d0007501_1954734.jpg

「ラビアータ セミアルバ クックソニー」1花茎2輪開花です。
先日以前のブログで紹介した株の分け株です。この株は、sugoi-ne で植え替えた後、にょきょきと伸びてきたバルブから上がった花です。この成長の早さ、sugoi-ne効果でしょうか?2輪重なって咲いたため、植のリップが少し窮屈そうになっています。しかし、赤と白のコントラストもきれいなセミアルバですので、鑑賞価値は十分あります。また、ラビアータの中でも、比較的株がコンパクトサイズなのが良いですよね。(捨てなくて良かったなあ~)と思ったのが、正直な感想です。(^_^)v
[PR]
by chika-kana | 2006-10-25 19:54 | 原種カトレア | Comments(4)
d0007501_1945820.jpg

d0007501_19455425.jpg

ペリニーのセミ・アルバ個体、1花茎2輪開花です。
この株は昨年が初開花で、何とも貧弱な花でした。
今年はバルブもグン!と伸びて、咲いた花は16cmと大柄の花でした。
(うん!よくやったね!!)と思わず言ってあげたい位の出来映え。(^_^)vです。
リップ周りにチョコンと赤がのって、何とも愛くるしい様子です。
こういう花がジャングルの中で咲いていたら、本当に驚きでしょうね。
[PR]
by chika-kana | 2006-10-25 19:46 | (従来の)レリア | Comments(1)
d0007501_19335743.jpg

1花茎6輪開花の初花です。期待通りの良い花でした。
リップのセルレア色も淡い感じで、好きなタイプです。
輪数も多くて、どっしりしたバルブ、何とも見ごたえがあります。その上、香りも良くて良い個体に巡り逢えて嬉しいです。(自己満足?)でもいいんです。幼苗から育てて、やっと咲いてくれてありがとう!!
[PR]
by chika-kana | 2006-10-25 19:32 | 原種カトレア | Comments(9)
d0007501_19241514.jpg


エクアドル~ペルーに原生する着生種。カトレア;マキシマのtallタイプです。
5花茎16輪開花で、未だシースの中に入っている物もあります。
開花時はリップの展開がやや悪かったのですが、次第に直ってきました。
リップのマキシマ特有のスジスジ模様が特徴ですが、そこだけを見ると
余り好きではありません。でも、全体としてみた場合、とっても花上がりがよく
P&R&Sの濃いピンクがきれいな’おりこーさんな’花です。
[PR]
by chika-kana | 2006-10-25 19:25 | 原種カトレア | Comments(4)