金沢発つれづれなるままに


by かな

<   2007年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

C.トリアネー

d0007501_10241191.jpg

d0007501_10252438.jpg

d0007501_10564114.jpg

             C.trianaei ’Mooreana ’FCC/RHS

トリアネー・ムーレアナ OG株です。ご覧のように花弁にスプラッシュが入った美しい花です。”今年の花の大トリは、このトリで・・・”と自信を持って言えなかったその訳は?というと、大株ながら、花1輪、葉が欠落しているバルブが、7本もあり、花もずらり!と開花させられなかった点にあります。「もっとちゃんと栽培管理しなさい!」と、その姿が無言のうちに語っています。反省!8号の長プラ蜂にミックス・コンポストで今ままで栽培してきました。やはり適度なところでバルブをカットし、ちゃんと株分けして、水苔、素焼き鉢で植えた方が正解かも知れません。
今年一年は、ネットを通して色んな方と知り合えたこと、色んな種類の蘭と巡り会えたこと、栽培の綿でもV.coeruleaの開花状況が良かったこと、Pumila、原種カトレアでも良い具合に花を咲かせられたこと・・等々。良いことも心残りなこともいっぱいありました。
掲示板、ブログにたくさんの方がおいで下さったことも、本当に嬉しく思います。
日々学ぶこと多し!来年もまた蘭を栽培し、花を愛でて、人生をより豊かに過ごしていきたいと思います。来年もまた、皆さんにとって更に良い年になりますよう!本当にありがとうございました。 

        人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
by chika-kana | 2007-12-31 10:47 | 原種カトレア | Comments(10)
d0007501_1493313.jpg

d0007501_14123655.jpg

d0007501_14131891.jpg

         LC.Cornelia fma.coerulea’Happy Field’

1花茎1輪開花です。昨年は2輪でした。昨年は、「戦闘機のような精悍な風貌」と表した表現がぴったりの細身の花でした。今年は1輪だけですが、昨年に比べて花全体にやや広がりが見て取れます。リップの色の濃さはとっても濃色です。セルレアの色素が強すぎてスロートにも色が載って強烈です。コーネリアは、プミラかプレスタンスと、ラビアータを交配してできた花ですが、どちらの親にか、余程濃色のセルレアが混じっていたものと推測されます。

       人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
      
[PR]
by chika-kana | 2007-12-29 14:21 | 交配カトレア | Comments(6)

プレウロタリス

Pleurothallis marthae 3輪開花です。
d0007501_19532629.jpg
d0007501_19541466.jpg
d0007501_19543557.jpg


これまで我が家ではなかなか咲かなかったmarthaeです。
大きなハート型の葉っぱに、つけ根のところにへばりついたように咲くのが特徴です。葉っぱは年に5,6枚増えます。かなりの大型株になりましたが、1花茎からのみの開花です。同じ蘭とはいえ、カトレア等とは全く違った、何とも言えない特徴的な花ですね。畏れおおくて、”ゴミ系”なんて呼べないです。(笑)

        人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
by chika-kana | 2007-12-28 19:58 | その他の蘭 | Comments(4)
日帰りで秦野へ。・・・とはいうものの片道8時間、少々の長距離です。
天気にも恵まれ、富士山もくっきりと見れました。
d0007501_1017133.jpg

快調に走る車も、助手席に座る人もなしのドライブでは、少々退屈になるのが難ですね。
オービスと覆面パトに気をつけて、無事秦野のαさんの温室にたどり着いたのは午後4時を過ぎていました。(帰りを遅くして原さんごめんなさい!)何せ出発が9時で、途中岐阜の垂井町にも寄ったものでしてー。広い温室では、ソフロがあちこちで咲いていました。また、ブラジルに行って仕入れてきたロック・レリアもきれいに植え替えられていました。ソフロを見ていると、「どうしちゃったものか、プミラ・アルバが、どうやら間違ってインターメディア交配になっていたようで・・・。」と言うお話を。(ありゃ!前回3個体ばかり求めて、お大事に育てていました。やはりバルブや葉っぱを見て、(何か変?)と思っていた勘が当たったようです。(苦笑)何よりも興味深かったのは、今回の南米旅行のこと。ブラジルの蘭やさんたちのお話はもちろん、ペルーやボルビアの話がきけました。先日TVで見て感動していた、マチュピチやナスカの描画、イグナスの滝のこと、霧が濃くて空港で毛布にくるまって飛行機を待った話、黄熱病の注射や、食事のこと。はたまた、20年程前の故三浦さんとの仕入れの苦労話などなど。やはり原さんの蘭にかける情熱と、彼の人間性は魅力的です。近くにいたら毎日でもおじゃましていることでしょう。(笑)長距離、車を走らせた疲れも吹き飛び、元気回復したのでまた夜のドライブへ直行。帰ったのは0時を少し過ぎていました。人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 

(温室で咲いていたプミラ)
d0007501_1017465.jpg

[PR]
by chika-kana | 2007-12-27 10:19 | 日々の徒然 | Comments(3)

C.ジェンマニー・ローザ

d0007501_17191491.jpg


              C.jenmanii fma.rosa 'Alfred Blawnann'×self

1花茎2輪開花。芳香あり。ジェンマニーでも珍しいローザというバラエティーを持つ個体です。Oさんからの頂き物です。改めて、ありがとうございました。
一見セミアルバに似ていますね。コルク付けの株のバックにいたため、撮影チャンスを逃しました。従って、右の花のセパルに小さいシミができました。次回はもっとこの花本来のきれいさを引き出すように心がけたいと思います、(反省)

        人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
by chika-kana | 2007-12-24 17:27 | 原種カトレア | Comments(6)
d0007501_19533771.jpg

d0007501_1012034.jpg
d0007501_10121683.jpg
d0007501_10124131.jpg

                  C.jenmanii coerulea 

(Hyde×Azul Star) BM/JOGA 1花茎3輪開花です。
株全体が、上品なセルレアのジェンマニー個体です。
ジェンマニーは、以前tipoの優秀個体Santa Helenaを紹介しました。そもそもジェンマニーは、ラビアータと同じような姿形をしています。多分原生地も近かったのでしょう。ラビアータと決定的に違うのは、ジェンマニーの方が芳香が強いという点にあると言われています。栽培方法もやや気難しく、特にセルレア個体はバルブもやや脆弱だと思います。肝心の芳香ですが、咲き始めから2日目ということもありますが、あまり香りは感じられません。昨年我が家に仲間入りしたばかりの個体ですが、もっと作り込んで更に立派な花をつけさせたいと思います。
やはりカトレアのセルレアは、バンダ・セルレアとは一味違うセルレアで、バラエティーも豊かで奥深いですね。

           人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
by chika-kana | 2007-12-23 10:06 | 原種カトレア | Comments(15)

V.セルレア #4

d0007501_8413074.jpg

d0007501_8421432.jpg
d0007501_8425222.jpg

                  V.coerulea 

これも4NのV.セルレアです。この株のラベルは、青いラベルです。
もうかれこれ15・6年位前、埼玉の白石ラン園から何株かまとめて、幼苗で仕入れて育てたバンダ・セルレアの1つです。本格的にV.セルレアに興味を持ち始めたときの株です。
普通種(2N)に近い部類です。ご覧のように、セルレア特有の網目模様や、セルレア色が全体的に薄いです。でもリップだけは濃色です。こういった素朴なセルレアですが、原種ならではの楚々とした趣を感じさせてくれます。

        人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
by chika-kana | 2007-12-22 08:50 | バンダ・セルレア | Comments(0)
d0007501_1810206.jpg
d0007501_1744549.jpg

              C.trianae concolor 'Equador'

エクアドル産の山採り株です。リップが狭く、スロートが長いタイプです。
こういった優しげなコンカラーもまた特別に心を惹くところがあります。
開花しているのは1花茎ですが、後2花茎は蕾を鞘から少し出した状況です。
少しずつですが、トリアネーが開花しだし、温室も華やかになってきました。

        人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
by chika-kana | 2007-12-21 17:44 | 原種カトレア | Comments(6)

S.アラオリ・アルバ

d0007501_16402938.jpg
d0007501_16423845.jpg

                S.alaori fma.alba

2花茎3輪開花です。これまで咲いたアラオリは、いずれも1花茎1輪開花でした。
今回の花は、ご覧の通り、2輪をつけて咲いてくれました。それだけでもう、(^_^)vです。
全体がふんわりとした感じのアルバ個体で、初々しい赤ちゃんが微笑んでいるように見えます。

        人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
by chika-kana | 2007-12-20 16:46 | Comments(8)

V.セルレア #3

またまたおじゃまのV.coeruleaです。しばしおつきあいを。(^_-)
d0007501_3582822.jpg
d0007501_3585068.jpg

                 V.coerulea 4N

ヒマラヤン・タイプです。横に広がって咲くのが特徴のバンダ・セルレアタイプです。
昨年、ネットで購入した株ですが、8輪開花で当時より一回り花が良くなりました。
この株は、コンポストなしの素焼き鉢に入れてあります。花型は丸くはありませんが、”ボヨヨ~ン!”と、たわわに作く感じが魅力です。これからどんな花に変化していくのか、いかないのか?時期(初夏)開花まで要観察です。ささやかな楽しみがまた一つ増えました。

         人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
by chika-kana | 2007-12-20 04:08 | バンダ・セルレア | Comments(8)