金沢発つれづれなるままに


by かな

<   2008年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

Den.テトラゴナム

d0007501_20293273.jpg

d0007501_1350159.jpg

                  Den.tetragonum

オーストラリアに自生する着生種です。花径は5~6cm、バルブ頂部に数輪着花します。花色は黄緑色に茶褐色を縁取る美しい花です。特徴は多肉質の茎が四角(断面が四角形)であることです。本来、茎は下垂し先端に2枚葉をつけます。

栽培環境は、どちらかと言えばやや冷涼な気候を好むとなっていますが、我が家ではカトレア等と一緒なところで栽培しています。もちろん春先から晩秋にかけては寒冷紗の下、直射に当てず育てています。Denはほとんどほったらかしですが、今年は特に花つきが良いようです。他のバルブにも花芽や蕾が沢山見えています。1番花の多い花茎には、3輪の花がつきました。(^_^)v スパイダーオーキッドやブラシアにも似ていますね。

       人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!
  
[PR]
by chika-kana | 2008-01-30 21:00 | Den(デンドロビューム) | Comments(6)
d0007501_4141826.jpg
d0007501_4144779.jpg

               L. anceps var. veitchiana

得意でないアンセプスです。ビーチアナは、アンセプスの中でも、中型種です。今季咲いたのは1花茎2輪開花。もっとも、株自体は、そんなに大きいものでもないので仕方ありません。ビーチアナは、セルレアと言っても、カトレアやバンダとはちがって派手さはありませんが、個性的な色合いをしています。
この株ではありませんが、何花茎も上げ、花が重く長い花茎をしなだれさせた事もがあったのですが・・・・。

先日行った蘭やさんのお話では、アンセプス好きも結構いて、アンセプスだったら、どんなものでも良いから譲って・・・・とのリクエストがあるので驚いているとのこと。そのリクエストに応えて、アンセプスのコーナーをしっかりと設けていました。(^O^)
特に変種と言われるものやアルバ、セミアルバ等に人気があると言うことです。ブームは繰り返す!?

       人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!
  
[PR]
by chika-kana | 2008-01-30 04:15 | (従来の)レリア | Comments(9)

C.シュロデレー

d0007501_2053169.jpg
d0007501_20541436.jpg
d0007501_20544112.jpg
d0007501_2055279.jpg
 
                C. schroederae

桜餅の甘い香りのするシュロデレーです。時期的には少し早いでしょうか?
2花茎4輪開花ですが、分け株で今ひとつ元気がありません。なにせ、ラベル間違いで、C.trianaei semi-alba 'OKADA'と表示されていたもので。似て非なるかな・・・。(>_<)
もちろん山木ですが、花の形も野性味たっぷりといううかそんなにも良型とは言い難いです。でも、最初に書いたように、甘い香りとP&Sの上品な薄ピンクと、リップのグラジュエーションが何となくお色気を感じさせてくれます。

        人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!
[PR]
by chika-kana | 2008-01-28 20:39 | 原種カトレア | Comments(4)
(開花間もなく)
d0007501_2003726.jpg

d0007501_2022080.jpg

(10日後の姿)
d0007501_19591882.jpg

d0007501_2033292.jpg
d0007501_2034845.jpg

        C.walkeriana fma.albessens

(’Pink Strip's’ × ’Furu 1’)1花茎1輪開花です。
透明プラ鉢に株分けしたワルケリアナを並べた温室の一角。容易に手が届く所ではありません。(大きな蕾だ。tipoかセルレアか?)と思っていたのですが、嬉しい誤算でした。
ワルケにはそんなにも興味がない方なので、(こんな株も持っていたのだなあ~。)と。多分奈良のFさんから以前購入したものと思われます。
真っ白なP&Sに、リップの中央に黄色い筋模様が入っています。また、Pには、そばかすのように小さい点が一つあります。純白、良型・・・なら尚良かったのですが・・・。(まあ欲は言いません。) ラベルを見ると、株分けしたことが記入してありましたが、片割れの方は未確認です。
やはりアルベッセンスは珍しい個体の一つですので、マニアには人気があるようです。
今日は日にちが経ちましたが、雪の中で再度撮影しました。開花したてとは少々あばれ気味の様相が見て取れますね。・・・いわゆる、プロペラ・・・です。(~o~)

          人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!
[PR]
by chika-kana | 2008-01-27 20:21 | 原種カトレア | Comments(4)
d0007501_844167.jpg

d0007501_8425544.jpg

d0007501_8415057.jpg

d0007501_8444023.jpg

       Paph.fairrieanum fma.album ×sib

原産地: インド(アッサム地方)、ブータン。 交配親は、 ‘Emarald Tsukuba’x‘Takaya’です。昨年の暮れに購入していた蕾花がやっと開花しました。
花自体はこじんまりとした方ですが、何たって白と緑の対比が、とっても鮮やかです。

27日(日)は、思わぬ大雪です。朝起きたら、20cm近くの雪が積もっていました。
(あれ、あれ)今冬最初の「雪すかし(除雪)」をしました。写真の方も、雪をバックに撮ったものに入れ替えました。守口で行われている関西蘭フェスタ行き、あえなく断念です。(^^;)

人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!
[PR]
by chika-kana | 2008-01-26 21:19 | パフィオ | Comments(8)
d0007501_9541699.jpg

                C.jenmanii tipo

いわゆる”しょぼ咲き”のジェンマニー・チポです。野生種そのもので、やんちゃ咲き。株の勢いも今一です。(これ、ジェンマニー?)とも思っていなかった株ですので、花が咲いただけでも、「ご立派!」と言ってあげたい。(>_<)
でも、どんな花でも何か取り柄はあるものです。このジェンマニー、”さすがジェンマニー”です。だって、香りが抜群なのですー。(^_^)v
(もう少し、ちゃんと育て上げたいなあ~。)と思った次第です。

・・・外は10cmあまりの雪。今日一日は雪景色を楽しむ一日?になりそうです。
昨日は凍っていてハラハラ、ドキドキ。スタッドレスタイヤが摩耗していたので、危なかったです。早速帰りに新品のタイヤ(ミシュラン・タイヤ)を買って履き替えてきました。ん万円強と高かったが、命とまさかの事故には代えられません。

今朝方、4時半過ぎ頃少し大きな揺れがありました。震源地は能登半島の実家のすぐ近くでした。震度5近くだったようです。早速一人住まいの母親に連絡。「大丈夫だったよ。」の声に一安心してまたベッドに入りました。3月の能登半島地震からちょうど10か月と1日目。・・・ちょうど昨日地震の際の「避難訓練」を計画して実施したばかりでした。何かを思い出したかのように時折やってくる自然災害。まさか昨日の避難訓練が、”誘い水”になったののでは・・・と思わせる出来事でした。ふ~っ。

        人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!
[PR]
by chika-kana | 2008-01-26 10:07 | 原種カトレア | Comments(4)

L.Adrienne

d0007501_17223722.jpg
d0007501_1723523.jpg


レリア同士の交配種。ジョンゲアナL.jongheana×プミラL. pumilaです。
今回は、ペタルの縁に色抜け箇所があり、思ったようには咲いてくれませんでした。
何はともあれ、両親の形質(長所も欠点も)を良く出している個体です。
確か、昨年のサンシャインで、見事な株を出している方を見かけました。個体名は「Sakura」だったか? これは、奈良のFさんからオークションでGet したもので、株自体はまだまだ成育中です。
みなさんは、「プミラ似」?それとも「ジョンゲアナ似」?どちらに一票入れますか?

       人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!
[PR]
by chika-kana | 2008-01-25 19:55 | 交配カトレア | Comments(9)
d0007501_5204285.jpg
d0007501_591387.jpg
d0007501_592938.jpg

              C.candida semi-alba

5花茎10輪開花です。前回、1花茎だけのと”蕾矯正中”をUPしました。後から咲いたものは、花はくっつかなかったが、エアコンの効いた部屋にずっと置いてあったのもあるのか、期待した美しさにはいきませんでした。1枚目の写真のように、グルリ!咲き・・・とどの方角から見ても鑑賞できる咲き方です。でも、わざわざ重い鉢を回して鑑賞も大変。やはり、同じ咲くなら、正面を向いてわんさか咲いてほしい・・・と、ついつい勝っ手言いがちです。(花には何の罪もないのですからー。)・・・なんていっていますが、うつむき加減の2輪咲きのセミ・アルバ、とっても可愛く愛らしいです。 

       人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!
    
[PR]
by chika-kana | 2008-01-24 05:18 | 原種カトレア | Comments(10)
d0007501_17435758.jpg
d0007501_1744287.jpg
d0007501_1745070.jpg

        C.walkeriana fma.coerulea 'Stone Field'

セルレア特有の芳香が、あたりに一面に漂ってきます。毎回紹介していますが、
「Stone(石)Field(田)」=「石田」さん、石川県の育苗農家のお名前をとってつけられました。
こうやって素敵な(ユニークな)個体名が、つけられてそれが皆さんのところで咲くと言うことは素敵なことですね。皆さんだったら、どんな個体名をつけるでしょうか?個人では、よく知られた「Wide Hill」と言う方のも、なかなかおっしゃれ~(~o~)ですね。私は、「カナ」から、「Canariencis」、または「GoldenーField(or Earia)」と言ったところでしょうか?そう、そう。奥さんや娘さん、”彼女”の名前をつけてらっしゃる方もいますね。私の唯一交配した個体に、「Michiyo Special」と言うのがありますが、その名前は、当時良く聞いていたFM放送の女子アナウンサーのお名前を拝借したものです。(~o~)・・・まあ、余り度が過ぎると、変に疑われそうなので、家庭争議にならない程度に楽しみましょうか。

        人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!
  
[PR]
by chika-kana | 2008-01-23 18:05 | 原種カトレア | Comments(8)

C.トリアネー・アルバ

d0007501_3144028.jpg
d0007501_315614.jpg
d0007501_31530100.jpg
d0007501_3154996.jpg
d0007501_3235451.jpg

    C.trianaei fma, alba 'Aranka Germaske'
            FCC/AOS


1花茎2輪開花。OG株です。ご覧のように、この個体は、アメリカで選別されたもので、アメリカ蘭協会(AOS)で最高のFCCに入賞している優秀個体ということです。大輪整形の白花、しかも2輪咲きと言うこともあって、花弁の質が厚くて広い花ですので、とても迫力があります。(サイズはNS19cm*19cm)本当に大きな花です。・・・これまでになく大きな花になったこの花を見ながら、大株で多輪を目指すのも一つの栽培方法。株分けして1,2花茎程度でどれだけ大きな花を咲かすかを楽しむのも良いなあ~と思った次第です。ケースバイ、ケースですが、皆さんはどちら派を目指したいでしょうか?

          人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!
[PR]
by chika-kana | 2008-01-22 03:39 | 原種カトレア | Comments(12)