金沢発つれづれなるままに


by かな
カレンダー

<   2009年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Disa.tripetaloides

Disa(ディサ)の原種、Disa.tripetaloides(トリペタロイデス)です。
d0007501_20502310.jpg
d0007501_20523312.jpg

Disaのほとんどは、6月が開花時期ですが、この tripetaloides は5月が花の最盛期です。でもそれは専門業者のなせる技で、我々素人にはなかなかうまいこと真似はできません。Disaの原産地は、南アフリカのケープタウン周辺だそうです。栽培の様子を写真で見る限り、夏場の管理が少々難しく、湧き水等を好み、冬場雪に当たっても育つということが紹介されています。日本国内の数少ない生産業者の方々もこれに準じた栽培を行っているようです。私自身も何年もDisaに興味を持って栽培にチャレンジしているのですが、これといった”コツ”は今ひとつつかめません。湧き水に付けて栽培する方法も行ってみましたが、子株をうまく育て次の年まで持ち越す事はほとんどできていませんでした。ところが、昨年試した株で、冬場温室や室内ではなくて、外に出したまま(雪はほとんど降りませんでしたので雪には当てていません)で冬越しに成功しました。・・・とは言っても、素人栽培にはまだまだ課題の多いDisaです。

                見て下さって、ありがとうございます!!
      人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願いしま~す! m(_ _)m  
[PR]
by chika-kana | 2009-05-31 21:08 | その他の蘭 | Comments(16)
C(=L、S).sincorana f.coerulea ’Impossible Value’  2花茎1輪開花1蕾です。
d0007501_9135324.jpg
d0007501_9143574.jpg
d0007501_915516.jpg

この個体との出会いは結構古く、以前からたまに伺うHPに販売用として載っているのをよく見ていました。
シンコラーナなど所謂ロック・レリアに興味を持って、本格的に収集し始めてまもなく、ネット・オクで求めたのがこの株です。古いラベルには、KINAMI ORCCHIDS(Kanagawa)の表示があります。
この個体の特徴は、前回紹介したシンコラーナ・セルレア#6(濃色個体)とは違って、全体が淡いセルレア色です。リップの筋も綺麗で比較的整った表情をしています。もう一つの蕾も、まもなく開花することでしょう。
でも、Sさんの持ってらっしゃる2個体の’Impossible Value’とも花の様子がやや違うんですよね・・・。 
おまけに、ラベルの記名も’Impasible Value’となっていました。Fナーセリーでは、'Imposible Value’ う・・・ん?

               見て下さって、ありがとうございます!!
       人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願いしま~す! m(_ _)m  
[PR]
by chika-kana | 2009-05-30 09:18 | (従来の)レリア | Comments(2)
待ちに待ったシンコラーナ・アルバ 1花茎3輪開花 
・・・のはずでしたが、花の展開がどれも今ひとつでした。ブルブは良い具合にできあがっているのですが、
ここのところの気温の変化についてこれなかったのでしょうか?(う・・・ん!)。期待していただけに残念でした。この株は、秦野経由ですので、決して今回のような花では無いことを期待しています。まあ、(咲いてくれただけで、ありがとう!!)の株です。(-_-;)
d0007501_18133640.jpg
d0007501_18182217.jpg

d0007501_18142832.jpg

            
               見て下さって、ありがとうございます!!
        人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願いしま~す! m(_ _)m 
[PR]
by chika-kana | 2009-05-27 18:14 | (従来の)レリア | Comments(6)

ロックレリアの季節

ロックレリアの季節の到来を予感させるように、蕾を膨らませている小さな妖精(蘭)たち。
その中の一つ、C(L=S).lucasiana f.fornieri が花を開きました。
d0007501_19282022.jpg
d0007501_19291895.jpg
d0007501_1929379.jpg

このフォーニエリー、ブラジル産で8~35℃、春~秋にかけて咲きます。ルカシアーナ・アルバ=fornieri ほどの人気はないみたいですが、この比較的濃色系ピンク&L黄色のスタンダードなルカシアーナもまた可愛いものです。最近、RHSでの蘭の分類では、L属がS属になって、次にC属になるとか・・・。そんなことに右往左往しないで、たとえ小さな一輪でも、咲いてくれたロック・レリアたちを愛でるとしましょうか。

               見て下さって、ありがとうございます!!
         人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願いしま~す! m(_ _)m   
[PR]
by chika-kana | 2009-05-26 19:38 | 原種カトレア | Comments(6)

C.mossiae semi-alba

C.mossiae semiーalba 1591×self 1花茎2輪開花 コンパクトなモッシェです。
ある一時期、モッシェ・セミアルバの優雅な姿に仰がれて集めていた時の名残株です。
もう少し花の展開がよくなると思いますが、平凡なモッシェ・セミアルバです。’1593’×self は、18cmもあるそうです。株ができると、この花ももっと大きな花を咲かせることができるのでしょうか?
d0007501_1656647.jpg
d0007501_16565561.jpg

d0007501_17534122.jpg


                見て下さって、ありがとうございます!!
         人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願いしま~す! m(_ _)m 
[PR]
by chika-kana | 2009-05-24 17:06 | 原種カトレア | Comments(6)

S.Adrienne エイドリアン

(S.pumila×S.jongheana) の交配のS(=L).エイドリアン1花茎1輪開花です。
d0007501_14134036.jpg

d0007501_1624071.jpg

d0007501_14142632.jpg

毎年1輪ずつ咲いていますが、両親の特徴がよく出た個体です。フランスの貴婦人を連想させる名前ですね。
リップがジョンゲアナによく似ています。今年は、LS14*13 ペタル幅が3.5と、とても大きな花が咲きました。ただ難点といえば、ジョンゲアナによくあることですが、ノーズが大きくなりすぎて、スロートのてっぺんが少しだけ割れています。

              見て下さって、ありがとうございます!!
         人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願いしま~す! m(_ _)m 
  
[PR]
by chika-kana | 2009-05-23 13:53 | 交配カトレア | Comments(2)
今年は、パープラタがあまり パッ! としません。冬場に乾燥させ過ぎたことや気候の変化でしょうか?
それとも、栽培者の興味関心がどこかにいっていたせいでしょうか?
蘭たちは、結構敏感に反応するから不思議です。(自省) 
d0007501_18413610.jpg

d0007501_18412497.jpg

d0007501_1841913.jpg


上のように、すっきりとした形で咲かせられませんでした。でも、セルレア・リップとスロートにかかる濃色のセルレア模様は、(ゾクッ!)と来るものがあります。(笑)

             見て下さって、ありがとうございます!!
        人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願いしま~す! m(_ _)m 
[PR]
by chika-kana | 2009-05-20 18:51 | (従来の)レリア | Comments(8)
比較的珍しい、ホルコグロッサム・アメシアナムです。
ご覧のようにリップにほ少し淡いセルレア色が載っています。素敵な甘い香りがある蘭です。
d0007501_16132040.jpg

d0007501_16135910.jpg
d0007501_16142655.jpg

d0007501_16164132.jpg


              見て下さって、ありがとうございます!!
        人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願いしま~す! m(_ _)m 
[PR]
by chika-kana | 2009-05-16 08:55 | その他の蘭 | Comments(10)

本当にこれが・・・

我が家の今シーズン、最後のルデマニアナだと思います。(←何度目かの正直?)
d0007501_16344883.jpg
d0007501_1635387.jpg

色の濃さや形と、何の変哲もないただの tipo ですが、花の少ないこの時期、重宝しています。(苦笑)
玄関先に置いてありますが、良い香りを漂わせてくれています。

          見て下さって、ありがとうございます!!
        人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願いしま~す! m(_ _)m 
[PR]
by chika-kana | 2009-05-14 21:28 | 原種カトレア | Comments(8)

S(=L).pfisteri

花の少ない時期ですが、S.pfisteriです。花や蕾が痛んでいて、本来のきれいな姿でないのが少し残念です。ちなみに昨年の開花の様子です。この pfisteri 、すぐにペタル等がくるりと丸まってしまいます。でも、1花茎6~10輪くらい咲く可愛いロック・レリアです。
d0007501_16411929.jpg
d0007501_16413876.jpg
d0007501_16415522.jpg

この S.pfisteri 、あまり見かけない種類のロック・レリアですが、花の感じからマンチ・ケーラに少し似ているようです。でも、バルブ(株)の様子が全然違っています。

見て下さって、ありがとうございます!!
        人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願いしま~す! m(_ _)m 
[PR]
by chika-kana | 2009-05-12 04:06 | (従来の)レリア | Comments(6)