金沢発つれづれなるままに


by かな

<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

Vanda.coerulea×Vanda.coerulea (バンダ・セルレア)1花茎6輪開花4蕾
d0007501_8542459.jpg
d0007501_854470.jpg
参加しています。ポチッ!と一押しお願いいたします。
 
今年度2回目の開花です。一番下の写真でご覧のように、交配した大きな鞘を2個つけています。
[PR]
by chika-kana | 2014-10-31 08:57 | バンダ・セルレア | Comments(4)
Aerides.lawrenceae(エリデス:ローレンセア)#5
d0007501_2095337.jpg
参加しています。ポチッ!と一押しお願いいたします。
 
「エリデス・ローレンセ」の最後の開花株です。(同じような株を・・・)とお思いでしょうが、個体によってピンクの文様の入り方や色の濃淡があります。その点この個体は、ただ単に他の花よりも大きめが特徴です。・・・今日は午後からお隣の福井県の蘭園をおじゃましました。この時期、やはりカトレア類の開花がことさらに少ない気がしました。ん?エキサイトblogの画像、ちょっと変だぞー。
[PR]
by chika-kana | 2014-10-30 20:35 | Aerides | Comments(0)
Vanda.coerulea(バンダ・セルレア)
d0007501_9313751.jpg
参加しています。ポチッ!と一押しお願いいたします。
 
真っ青に晴れ渡った秋空(晩秋の?初冬の?)の下、急遽温室内に搬入した「Vanda.coerulea」です。他の株も沢山蕾を持っているので、これからまた今年2回目の「バンダ・セルレア」の季節到来です。
[PR]
by chika-kana | 2014-10-29 09:38 | バンダ・セルレア | Comments(2)

C.pumila'A' (プミラ)

C.pumila'A' (プミラ)
d0007501_881158.jpg
参加しています。ポチッ!と一押しお願いいたします。
 

濃紫紅色の整型プミラです。この色合いだったら、周りの綺麗な紅葉にも負けないくらいです。明け方は冷えていました。シンコラーナやマンチケーラ、ミレリー、・・・のロック・レリアも温室に入れないといけなくなってきました。「エボラ出血熱」が疑われていた40歳代男性、陰性だったようですが油断できませんね。どんな菌なのかは?ですが、輸入植物を媒介して・・・ということにでもなったら輸入した蘭たちも本当に怖いですね。
[PR]
by chika-kana | 2014-10-28 08:11 | (従来の)レリア | Comments(1)
Bulb.guttulatum(バルボ グッツラタム)
d0007501_18264891.jpg
参加しています。ポチッ!と一押しお願いいたします。
 
可愛いちびっ子たちがずらり!!と顔を揃えているみたいな「グッツラタム」です。自生地は、ミャンマーヒマラヤ北西部・チベット・ ベトナム・・・など広い地域にかけてです。昨年は6花茎に花がつきましたが、今年は何と13花茎です。現在花が開いているのは、2花茎だけですが余りの多さに驚きです。全開したらどんなになるのでしょうか?楽しみが増えました。・・・今日は午後から温室の一部模様替えと、カトレアを中心に搬入作業をしていました。今日、明日の天気予報は、最低気温が7・8度になるということです。週末からはまた少し高めになるそうですが、用心のためです。ふ~っ、少々疲れました。
[PR]
by chika-kana | 2014-10-27 18:18 | Bulb.バルボフィラム | Comments(4)
Taurantha tenuicauda
d0007501_10302431.jpg

d0007501_10303583.jpg

紅葉した「アメリカハナミズキ」をバックにした「タウランサ:テヌイコーダ」、秋の深まりと共にあちらこちらの鉢から花茎をのばしてきました。見るからに、”ネズミ小僧”っぽいと思いませんか?ユニークなオーストラリア原産の球根性地生蘭です。昨年結構バラバラの鉢に植えてあったのですが、今春判ったもの同士を植え込んだり大鉢に植え込んだりしていました。この鉢には10球植え込んであるので、順次開花してくるのが楽しみです。参加しています。ポチッ!と一押しお願いいたします。
 
・・・昨日、辺りが暗くなっていた時のことです。近所をジョギング中、何か理解できないコスチュームをした小学生や中学生の女の子たちが道路上に集まってはしゃいでいました。(何やってんだろうなあ・・・)と思い、遠巻きにその場を避けて通りすぎました。途中気づいたのですが、(あれって、もしかしたらハロウィンのつもりだっただったのか?)と。それにしてもなぜ故「ハロウィン」なのか?世の中、変わっていいのや悪いのやら?
[PR]
by chika-kana | 2014-10-26 10:41 | その他の蘭 | Comments(6)

Cynorkis.fastigiata

Cynorkis.fastigiata(シノルキス:フェスティギアタ)
d0007501_8555352.jpg

マダガスカル島からインド洋諸島が原生地で遠くはフィジー島にも分布する「シノルキス:フェスティギアタ」です。実はこの株、何故かカトレアの鉢の中から突然出てきました。
d0007501_94651.jpg

気づかないうちに、種がカトレアの鉢にこぼれたのでしょうか?Cynorkisは、普通に育てても次の年に発芽できるか否かはなかなか定まりません。球根が腐って消えてしまうことも多々あります。一つ得した気分ですー。参加しています。ポチッ!と一押しお願いいたします。
 

[PR]
by chika-kana | 2014-10-25 09:10 | その他の蘭 | Comments(2)

Habenaria. rhodocheila

d0007501_15402641.jpg
d0007501_15404821.jpg
参加しています。ポチッ!と一押しお願いいたします。
 
濃色OrengeタイプのHabenariaです。寒さと共に色もぐっ!と濃くなってくる感じです。今日は一日、ぽかぽか天気の穏やかな日でした。こういった日を「小春日和」と言うのでしょうね。小春(こはる)とは、陰暦10月のこと。現在の 太陽暦では11月頃に相当するということですが今年の季節は一段と早足のようです。
[PR]
by chika-kana | 2014-10-24 15:45 | Habenaria | Comments(3)

C.Mini Purple Pink

C.Mini Purple Pink(カトレア:ミニパープル・ピンク)
d0007501_8443228.jpg
d0007501_84452100.jpg
d0007501_8463465.jpg
参加しています。ポチッ!と一押しお願いいたします。
 
ピンク色の優しげな「ミニパープル」です。ミニパープルと言えば、蘭栽培の初心者にとっても一度は聞いたことがあるくらいポピュラーです。むしろ、最近ではほとんど見向きもされなかったり、出回らなかったりして姿を見かけなくなってきています。濃紫紅色からセルレア、セルレッセンス、アルバ・・・とありますが、ピンクはやや稀少かも?と思っています。と言うより、何気に捨てがたいものがあります。・・・それにしても一気に最低気温10度前後になりました。今年の冬は寒暖差が激しいのでしょうか?
[PR]
by chika-kana | 2014-10-23 08:53 | 交配カトレア | Comments(6)

C. dayana 'Hart Ford'

肌寒さの中、細かい雨が降っています。午前中は、大学でのバイオ実習でした。前回植えた種はコンタミで失敗でした。以前の苗は少しずつ大きく植物っぽくなってきていました。指導の先生曰く、「2回・3回とやっていくうち、これくらいのところでみなさんコンタミを経験しているんですよ。」と慰めの一言。(あっちゃあ~。)種の滅菌操作過程に見落としがあるのか?培地に播く時の操作にミスがあるのか?マニュアルを見直しながら実習を終えました。今回の失敗は播くはずの種が何処かの過程でほとんど消失してしまっていたこと。何とも初歩的なミスが目立ちました。情けないけど、へこたれないぞ!
C. dayana 'Hart Ford'
d0007501_161696.jpg
d0007501_1612751.jpg

同じ株からまた花が上がってきました。やさしげなピンク色の花に心が少しだけ和みます。参加しています。ポチッ!と一押しお願いいたします。
 


[PR]
by chika-kana | 2014-10-22 15:53 | Comments(2)