金沢発つれづれなるままに


by かな

本当に、本当?

d0007501_1143877.jpg

                  V.coerulea  ’Circle’ 1花茎5輪開花
前回 5.11にUPした株です。前回も5輪開花ですが、または花が来ました。
陶器の重い鉢に、sugoineで植えて根も成育旺盛です。先輩のMamiさん流に言えば、これって、sugoi-ne効果でしょうか?タイ、チェンマイ産のバンダ・セルレア(らしい)です。’らしい’
というのには理由があって、珍しく、万札をはたいてかった割には、(本当にバンダセルレアなのかなあ?)と自分なりに疑心暗鬼が続いているからなのです。他のV.セルレアとは、本当に色合いも変わっているので、余程この方に実物を送って、一度みてもらいたいなあ~と思ったほどです。昨日比較の写真もとって送ろうかと思ったのですが、未だ手元にとどめています。
色々栽培していると、必ずこういったケースも出てきます。自分で確証が持てない以上、「違うのでは?」というのもあまりに失礼かと思って我慢しています。まあ、まあ押さえて、押さえてですね。
(8/3追記)             
色々ご情報、ご感想有り難うございます。その方には、株購入に際していくらか出資して・・・ということで、金額だけ払って、全て彼の判断で株を送って頂きました。これが全ての根元か?自分でチョイスした株だったら簡単に諦めますが、「はいこれ、Vcoeruleaです。」と言われてのものでしたのでー。もう一枚UPしておきます。 後悔先に立たず! いろいろあります。

            人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
# by chika-kana | 2006-08-02 17:51 | バンダ・セルレア | Comments(9)
d0007501_16295015.jpg

         L.パストラル・シンフォニー セルレア

再登場、1花茎2輪開花してくれました。その後L.パストラル・シンフォニーについて少し調べてみました。 交配親は、 L. pumira X L. sincorana 1990年登録で、このようにこの時期に咲く個体は、シンコラーナの血を強く引いているみたいです。花の形もシンコラーナ似といった感じですよね。。非常に強健で、小さい株ながらしっかりとしたバルブを形成します。根も力強く太く、風通しさえ気をつければ根ぐされもほとんど心配無いということです。蘭の花が少ない夏に開花してくれるのは嬉しいのですが、欠点を上げるとすれば花持ちの悪さ。前回UPしてから日数も大分たっているので、2輪そろっての開花は無理かなあと思っていました。
何はともあれ、2輪目の花はやや小振りながら、そろって咲いた姿はバランス良く微笑んでくれています。     
[PR]
# by chika-kana | 2006-07-31 16:47 | (従来の)レリア | Comments(9)

夏への誘惑

d0007501_14154799.jpg

                           夏エビネ
夏咲きエビネは、7~9月の夏期に開花するエビネ属の山野草です。 南方型の種類としては、ツルラン、オナガエビネ、ヒロハノカランや、自然交雑種のリュウキュウエビネ、ハクツルなどがあります。 ちなみに、ニューカレドニアのリビエール国立公園内のジャングルの中でも、ツル蘭を見ました。夏場に暑がり、栽培はやや困難とのことですが、我が家では、蘭棚のやや涼しい下に置いてあります。花は、下から順次咲きあがるので、咲き終わるまで結構時間が掛かり楽しませてくれます。余り見栄えはしませんが、薄紫色の花はとても優しげで、涼を感じさせてくれます。
[PR]
# by chika-kana | 2006-07-30 10:10 | その他の蘭 | Comments(5)

ナゲリアラ・パープレア

d0007501_8483646.jpg

                    Nageliella (Hartwegia) purpurea
                   
極小の濃いピンク花を穂先につけるナゲリアラ・パープレア、初登場です。以前から栽培していて、株自体の大きさも分かりますか?花茎を四方八方に広げています。現在ステムの数は、16本位です。sawaさんや、HEROさんたちも上手に咲かせているので、説明とかもそちらでご覧下さい。何でも、葉っぱの斑の入り方は、日照に関係あるとか。我が家の株も、若い方の葉に斑模様が見てとれます。葉っぱの幅はHEROさんのとは随分ちがっていますね。何故初登場かというと、これまでのデジカメではなかなかUPで撮れなかったのが原因です。今回初めてUPできて、嬉しいです。ナゲリアラ・パープレアも、(やったね!これでまた長い期間、頑張って咲かそう!)と言ってくれるでしょうか?
[PR]
# by chika-kana | 2006-07-29 10:13 | その他の蘭 | Comments(3)

Lc.Gaskell - Pumila

d0007501_1052563.jpg

                       Lc.Gaskell- Pumila (7/28)
                        
1花茎1輪開花。只今開花途中のガスケル・プミラです。下の写真で分かるようにペタルの一部にシミができたのが残念。でも、リップのセルレア色はとっても鮮やかです。ペタルのスプラッシュもお気に入りです。なにを隠そう、この株は以前ネットで落札したものです。その株主さんのお名前が分かって、またビックリ!!何とこのブログにも良くおいで下さっているお○べさんです。(^_^)v
みなさんも青物大好きの彼女よくご存じでしょうね。とっても愕いたと同時に、(世間て・・・)と思い、また嬉しかったのを覚えています。有り難うございました。少しなよった感じでしたが、ほったらかし状態が功を奏したのか、見つけたときには大きな蕾をつけていました。!(^^)! 未だ完全に開花しきっていませんが、全部開く日が楽しみです。感謝!感謝!!です。
                            
        
[PR]
# by chika-kana | 2006-07-28 18:22 | 原種カトレア | Comments(3)
d0007501_13514630.jpg

              L.Pastral symphony coerulea 1花茎1輪開花1蕾

小型レリアの一代交配種、L. pumila(プミラ) x sincorana(シンコラナ)の実生株です。
この個体は、プミラやシンコラーナの細長い感じとはちょっと違って、一見(ミニパープル?)と思うくらい全体的に丸くて、ぺタル幅も広く、リップが上品なセルレア色の固体です。先日、蕾の状態でUPしてから、気づかないうちに花が咲いていました。リップの先端部分に少し痛みが見られ、(あれ~っ!)です。でも、きれい!!ちなみにozikoさんの超きれいなsincorana coeruleaは、http://crispata.tea-nifty.com/blog/ です。形、色を比較してみてください。
[PR]
# by chika-kana | 2006-07-26 13:57 | (従来の)レリア | Comments(5)
d0007501_22582237.jpg

                       Peresteria el ata
パナマの国花にもなっている花です。(あれっ!?バルブの上からまたバルブがニョキッ!と伸びています。真ん丸の2バルブの内の一つのバルブのてっぺん&横から計4つのバルブが出ました。デンドロでは、高芽がでますがこれもまたその内の一つと言えるでしょうか?
(とにかくこのままでは・・・)と思っていた矢先、蘭友さんの紹介で「Sugoi-ne」という植え込み材料を入手致しました。その実験第一号として選ばれたのがこの株です。根を傷めないようにそっとはがして、プラ鉢&植え込み材料6割方水やりを数回して安定した状態が次の写真です。
d0007501_21143815.jpg

水やりを続けた結果、”モコモコ”と植え込み材料がふくれて、ちょうど良い状態になりました。

次の実験材料は、カトレアの幼苗に挑戦です。植え込むポイントとしては、コンポストがふくれて株も持ち上げられるので、前もって根っこの部分は植え込み材料の中に埋め込みました。そうしないと根っこだけが浮き出る。ものは試し。さてカトレアではどうなるか?です。
d0007501_2120678.jpg

                     C.maxima semi-alba self

その次に試したものは、フラスコ出しに挑戦です。ソフロのコクシネアのフラスコがあったのでそれを使いました。ソフロのコクシネアはこれまで、水苔植え、バーク植えと試してある程度でその都度失敗しています。さてさて、だめもとで、結果は如何に? 完全に”遊びの世界”です。
d0007501_21242881.jpg

                         Soph.coccinea

          
[PR]
# by chika-kana | 2006-07-24 21:05 | その他の蘭 | Comments(10)

珍しく パフィオを

d0007501_11364064.jpg

                          Paph.bellatulum

今日は珍しくパフィオを2点紹介致します。上のベラチュラムは、我が家に20年余りでしょうか。ずっと住み着いている株の一つです。一度に何輪も花をつけたこともありましたが、可哀想にほとんど写真にとってはいませんでした。初期の頃の株にあるジンクスがあって、(立派に咲いてくれて感謝!)の気持ちで撮った花が、それを境にお亡くなりに…。いわゆる「死に花」と言うことが何回かありました。健気にも、二枚目の写真のように大株になっています。当初から、ベラチュラム類は石灰質を好む場所に生息すると言うことで、石灰岩70%位のミックスコンポストに植えてあります。従って、持ち上げると結構「ズシリ!!」とした重さを感じます。丸い形、斑紋の入り具合は如何でしょうか?何せ、「主様の1人」ですから、余り構ってなくても、成長を見守りたいと思っています。

d0007501_113574.jpg

                    Paph.stonei var. latiforlum
この株も、ご多分に漏れず「棚下の飾り」状態になっています。 (>_<)
ある記録を読んだら、「Paph.stonei var. latiforlumが独立しplatyphyllumとなったためRHSに再登録が可能となりTaiwanとなりました。」とありました。Paphには疎いので、詳細は分かりません。どなたか教えて頂けたら幸いかと存じます。よろしくお願い致します。

        人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
# by chika-kana | 2006-07-22 12:27 | その他の蘭 | Comments(8)

開き始めた V.セルレア

                
d0007501_1232240.jpg

                  再度UP  7/21 開花中です。
セルレアの網目模様が色が、大分載ってきました。青空の下で見たいなあ~。
                 V.coerulea 1花茎3輪開花6蕾

休日の朝、珍しく早い食事を始めた時「あれっ!バンダ・セルレア咲いてきたのね?」と。普段滅多に蘭のことを気にかけているそぶりを見せない利○子の一声。食事のテーブルの位置関係で、彼女の方から雨に打たれた棚場は直ぐ目の前の光景。(確か昨日の夕方見たときには、未だ蕾のままだったはず…。)と思っていたのでカーテンを開けて見てみました。たった今開いたばかりで、鮮やか半ばのセルレアが、梅雨時の雨にしっとりと濡れて咲いていました。暫くして、雨に当たらないところに移動しました。リップの濃いセルレア個体の特徴を持ちながら、これから何日か経つと、花も大きくなり、セルレアの網目文様と共に全体の色も載ってくることでしょう。また暫くしたら再度UPします。その時には V.coerulea 本来の姿が見られることでしょう。楽しみがまた一つ増えました。 
[PR]
# by chika-kana | 2006-07-16 12:42 | バンダ・セルレア | Comments(14)

GC苗 報告

d0007501_9572590.jpg


                C.trianae 'Extra Momo'×'Mary Fennell'

トリアネー交配;GC苗の中間報告です。らっぴーさんから、C.trianae 'Extra Momo'×'Mary Fennell' の株の公開がありました。もうシースが・・・というので、我が家の株も改めて見てみました。(うん、うちもばっちり!!)の状態でした。この株は、いつもは上に吊してあるので、下から見上げる形での観察になっていました。小さい鉢からたくさんの元気な根が伸び、(少し植え替えの時機を逸したなあ~ 。)と思っていました。鉢を手に撮って眺めてみると、株立ちも良く、完成半ばのバルブからシースも見えています。今のところ、意外と背丈が低いです。順調にいけば(の話ですが)今冬一番花も見られるかも?と”とらぬ狸の・・・”です。

             
[PR]
# by chika-kana | 2006-07-15 07:48 | 原種カトレア | Comments(4)

ついに発見!

Spiranthes sinensis fma alba
d0007501_1837449.jpg

先日蘭友さんのブログで紹介されていた、 いわゆるネジ花;Spiranthes sinensis の中で、一際衝撃を受けたのがSpiranthes sinensis fma alba でした。そう、ネジ花のアルバをさがそう!ということで行動開始。花に興味を持っている子どもの中から、「○○でいっぱい咲いているの見たよ。」「あそこにも・・・」という貴重な情報が入ってきました。子どもとはいっても、意外と何でもしっかりと見ているんだなと感心した次第です。行ってみたところ、たくさん咲いているネジ花はとても見事でした。普段何気なく見逃していたネジ花綺麗でした。でも、albaには全くお目にかかれませんでした。(やはり珍しくて、ないのかなあ。)と諦めていました。でも、今朝急に女の子が「一輪車に乗っていたら白いネジ花、見つけたよ。」と報告に来てくれました。半信半疑で行ってみると、(ありました!!)念願の真っ白い正にalbaが1本だけ咲いていたのです。自分の写真では、蘭友さんのようにUPできれいには撮れませんが証拠の品をー。(やっぱり本当にあるんだなあ~。)とその魅力に釘付け状態です。今回は子どものパワーにも本当に感心しました。 
[PR]
# by chika-kana | 2006-07-14 19:59 | その他の蘭 | Comments(4)

(続)C.ワーセウィッチ

d0007501_1746209.jpg

                 C..warsewiezii tipo 山木 1花茎4輪開花

リップ回りの色が特に鮮やか。ジャングル・プランツ(山採り株)とはいうものの、花も大きくて何故か優しい感じのする個体です。リップと喉を横から見たときの色具合に、何とも言えない色香が漂っていませんか?女性のきれいなうなじを想像したのはいけない人?
ついつい、もう少しそっと近づいて・・・。(笑)
リップ&喉奥、そしてリップ周りのフリルについ引き込まれそうですー。何か、いつものHEROさんバージョンになってしまいました。(^_-)
[PR]
# by chika-kana | 2006-07-12 18:01 | 原種カトレア | Comments(8)

L.色鮮やかなパープラタ

d0007501_1146594.jpg

d0007501_11473364.jpg

          L.purpurata roxovioleta schusteriana 1花茎2輪開花

roxovioleta schusteriana というのは、(記憶に定かではないが)、「血の滴るような・・・」という意味合いではなかったかと思います。その名の通り、花はやや小さ目ですが、リップの色は鮮やかです。外の棚場の中央部で、ひっそりと蕾を膨らませていました。それまでは全く気づきませんでしたが、雨に当たらないようにさっそく場所を移動してあげました。季節柄あまり花持ちが良くないと思いますが、折を見て室内で飾ってあげたいと思っています。とにかく、咲いてくれただけで、!(^^)!の感謝の気持ちです。 

               
[PR]
# by chika-kana | 2006-07-09 11:55 | (従来の)レリア | Comments(4)

C.ワーネリー

d0007501_5591512.jpg


                 C.warneri 2花茎7輪開花

梅雨時の、ある意味ひんやりとした窓からの風に花びらが揺れていました。この株は蕾の時から職場のスチームの上に置いてあります。蕾の時は何とも言わなかった子たちが、「わ~っ!きれい!!」「この花カトレアって言うんだよ。」「友だち呼んできても良い?」などと言いながらものぞき込んでいます。いつもは何の飾り気もない部屋ですが、ウチョウラン何株と、子どもが見つけてきてくれた「ネジ花」も一緒に飾ったその一角が今はちょっとした「お花コーナー」と言った感じで華やいでいます。たま~にですが、家で咲いたカトレアを持っていくことがあります。ちょうどこれを書きながら、まめに花を持って行ってあげて喜んでもらっているRさんのことを思い出しています。(おいらもこんな事ヤッピ-さんなんて。)感心しています、その姿勢ー。 みなさんの中にも、自営の方は事務所やお店に、作業場に。サラリーマンの方は、デスクや窓際に・・・ということありませんか?このワーネリー、バックはいつもの庭ではなくて、そう○板なんです。2枚目のはバックに掲示物が写ってしまったので上の方はカットしました。でも下の方に何か写っちゃってます。(あれ~っ。)

              
[PR]
# by chika-kana | 2006-07-08 06:23 | 原種カトレア | Comments(7)

C.ワーセウィッチ

d0007501_2193789.jpg

            C.warsewiezii fma.semi-alba "Bed ford"

1花茎2輪開花。oさん、咲きましたよ~♪我が家にきてから初花です。昨年のオフ会の折のお土産です。本当にありがとうございました!!白弁赤リップ、コントラストがとても鮮やかです。鉢自体は3号と小さいのですが、立派に咲いてくれました。!(^^)!m(_ _)m!(^^)!

         
[PR]
# by chika-kana | 2006-07-04 21:16 | 原種カトレア | Comments(10)
d0007501_12264790.jpg

                    C.mossiea wagnerii

2花茎2輪開花です。モッシェにしては随分と遅咲きのワグネリーです。セルレアのBlue Twoと、このワグネリーは随分と以前から所有していた個体です。リップの喉奥の黄色の入り具合等、普通のアルバとはちがっています。詳しくは?です。(-_-;) 2枚目のは、こっちの方のセパルは反っていない。でも少し変形気味なのが見てとれますね。。ワグネリーは、どちらかというとデリケートな株です。昨年植え替えしたので、今年はバルブ等も良くなってきました。草丈はやや低めでコンパクト。でも、花弁が広く、花が大きいので(^_^)vです。
[PR]
# by chika-kana | 2006-07-02 12:33 | 原種カトレア | Comments(7)
d0007501_1818185.jpg


                   LC.MICHIYO SPECIAL

1花茎1輪開花。唯一私が交配したスプリング・スター×ワルケリアナです。今から20数年前の、まだバイオと言う言葉が珍しい頃、ある方に手取り足取り教えて頂いての初交配株。名前の由来は、地元の良く聞いていたFMのパーソナリティーで、MICHIYOさんという方の名前を拝借して命名しました。花の善し悪しは別にして、思い出深い株の一つです。毎年1花茎1輪ずつ咲いてくれています。

           人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!
[PR]
# by chika-kana | 2006-06-27 18:27 | 原種カトレア | Comments(10)
d0007501_18255727.jpg

                    L.lobata concolor ”Jeni”

我が家で最終開花のロバータ・ジェニーです。この株は、背丈がこれまでで一番低いです。うっすらピンクがのって、リップのフリフリが何とも愛らしいジェニーです。まさに女性好み(?)の花の一つだと思います。これを最後に、今季のジェニーもそろそろ終わりです。次々咲いてくれてありがとう! 

               人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!
[PR]
# by chika-kana | 2006-06-26 18:05 | (従来の)レリア | Comments(5)

L.テネブロッサ

d0007501_1854448.jpg


                 L.tenebrosa Rain Forest

2花茎4輪開花3蕾.赤銅色という表現がピッタリのテネブロッサです。前回紹介したのは、この変種オーレアでした。ペタルとセパルが茶色、リップが赤銅色です。花の大きさは大きいですが、テネbロッサよりやや小振りです。パープラタ、テネブロッサ・オーレア、テネブロッサ、ロバータ・ジェニーの揃い踏みもちょっと紹介致します。バックが悪いのでご容赦を。

                 人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!
[PR]
# by chika-kana | 2006-06-22 19:04 | (従来の)レリア | Comments(7)
d0007501_18154573.jpg

              L.purpurata fma.warkhauseri ”Blue Sky”
1花茎4輪開花です。ワークハウセリーは、採集者Warkhauser の人名に因む。セパル・ペタルは純白色で、リップは暗紫灰色(青紫鉛色)を呈する変種。L.purpurataの色彩表現。Blue Sky の個体名どおり、少し澄んだ色の青紫鉛色です。曇り空の中にあって、気づかないままにしっかりと開花していました。ペタルの純白色と乃コントラストが、とってもさわやかで、きれいです。
[PR]
# by chika-kana | 2006-06-20 18:22 | (従来の)レリア | Comments(6)