人気ブログランキング |

Aeran.Hsinying Ramosa

エランサス;シンイン・ラモーサ
(Grandios’Hsinying’×ramosa’Hsinying’)
長い長い2m以上の花茎が途中分岐して、沢山の蕾を付けています。
いわゆるグリーン花で、蕾の形状もなかなか魅力的な珍花です。
先日のサンシャイン蘭展でも、1株だけ出品されていて、
「これなんて変わった花!?」「ぐるぐる巻きの長い花茎、これどうなっているの?」・・・などと言ってる方がいらっしゃいました。私もずいぶん前にエランサスを育てていましたが、その時は花茎を温室の横へ横へと這わして育てていたことがありました。今回の株は、プラ鉢で吊して花茎は途中でぐるぐる巻きにして育てています。意外と水を好むようですが、開花までには花茎を延ばし始めてから3ヶ月以上かかります。
d0007501_07342106.jpg
d0007501_07345081.jpg

一押しよろしくお願い致します。

設計士事務所RC DEZING STUDIO 


Commented by D at 2017-06-06 15:38 x
こんな変わったランもあるのですね。

葉はどんななんですか。
Commented by chika-kana at 2017-06-06 15:50
Dさん、変わった蘭ですよね。
葉っぱは、エランギスの葉を大きくしたような葉っぱで至って変わってはいません。
そういえば、Denのトパエンセにも似ていますね。
Commented by 湘南ガイ? at 2017-06-06 19:14 x
かなさんこんにちは~。
サンシャインでも一株だけ展示してありましたね。
σ(・_・)私も栽培してみたいなぁ、と思ったこともありましたが、
冬期でも水やりが多く必要とのことで諦めました。
デンドロのトバエンスに似た花が魅力的です。(^^)
Commented by chika-kana at 2017-06-06 19:50
湘南ガイ?さん、こんばんは!
今ジョギングから帰ってきました。
ブログでのサンシャイン特集、楽しませて頂きましたよー。
これ、変わってますよね。ほんとーに!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chika-kana | 2017-06-06 07:49 | その他の蘭 | Comments(4)

金沢発つれづれなるままに


by かな
カレンダー