人気ブログランキング |

2008年 03月 23日 ( 1 )

雪割草群生地へ・・・

d0007501_8503922.jpg
d0007501_850579.jpg
d0007501_8511033.jpg
d0007501_8515732.jpg


d0007501_8521345.jpg

d0007501_8571464.jpg

d0007501_8574215.jpg


ミスミソウとか、オオミスミソウ、ミスミソウ、スハマソウ、・・・とか言われている春を告げる可憐な「雪割草」です。自生の群生地が能登半島輪島市(旧門前町)猿山灯台にあります。この場所の反対側は、所謂能登半島地震の震源が走った地域;道下(とうげ)があります。この日は、震災から1年(25日)の復興を願っての「雪割草祭り」、自生地雪割草鑑賞会、ウオーク・ラリーが行われていました。この行事とは関係なく、急に思い立って母親にも連絡して一緒に出かけることにしました。途中までは凄い山道を車で走りました。皆月(みなずき)という地区のはずれまで行ってから、山道を登ります。途中沢山のウオークラリーの方に出会いました。「車があるから行けるんだよね。」とう母の言葉も妙に説得感がありました。断崖絶壁の中腹には、駐車場と休憩所が。そこから灯台まで行って、更にその上の山道約2kmまでが雪割草の群生地でした。そのポイントに行くまでにも、崖のあちらこちらに白やピンク、赤…の雪割草が。直ぐ側には節分草や、名前の知らないきれいな花々も見ることができました。見事な雪割草の群生を目の辺りにして、「60年前に遠足できたことがあったけど、もう一度ここへ来ることができるなんて信じられない。可憐な雪割草の群生も見れてよかった…。」という母の言葉に、少しだけ親孝行になったかなあと思いました。

       人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願いしま~す! m(_ _)m
by chika-kana | 2008-03-23 08:53 | 日々の徒然 | Comments(10)