人気ブログランキング |

<   2008年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

d0007501_17194151.jpg
d0007501_172098.jpg
d0007501_17203476.jpg

                  Soph.wittigiana

いつもながらのSoph. ウィッチジアナです。初めつぼみだったときは本当に小さく、(頑張れ!うまく開くのかなあ~)と思っていた個体です。今朝見ると、「おはよ~!!」とでも言うように、小さいながらもリップを大きく開けて叫んでいるようでした。(笑)
手に取ってみると、別のバルブにつぼみが1個。またほかのバルブにも1個発見できました。
朝から”何か得したような”気分にさせてくれたので早速、パチリ!!
体はちっちゃくても、一人前(以上の)可愛い通称”ウッジー”。 リップの中も、きれい!!
いつも変わり映えしないもので m(_ _)m です。

       人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!
by chika-kana | 2008-01-20 17:34 | Comments(6)
(写真1)
d0007501_750463.jpg

(写真2)
d0007501_7512611.jpg

(写真3)
d0007501_8173296.jpg

d0007501_7533880.jpg
d0007501_7542917.jpg

                     V.coerulea

今回集合したのは、「バンダ・セルレア」3個体です。
(写真1)
バンダ・セルレア’Thitikorn×Dr.Joon’4N。2花茎ですが、1花茎はほとんど花を終えました。残りの1花茎も、ほぼ終わりに近づいています。花の色合い、網目模様も次第に薄くなっています。(>_<)

(写真2)バンダ・セルレア4N
輪数も少なくなっていますが、花は大きく、網目模様も結構しっかり入っています。でも夏場はもっと形が良かったけど、今回は少々暴れています。しかも花数のいくつかは終わってボリュームにかけるのが不満足。^^;

(写真3・4)
これは俗に言う、「ヒマラヤン・タイプ」です。花茎が横に伸びて花をつけています。
この個体の特徴は、色が”のんべん、だらり!”調というか、べったりとセルレアが載っています。
魅力的な網目模様はほとんどありません。この手に似たので、「V.ヒマラヤン」と言うのがあります。それから比べたら花の大きさ、色は格段に良い個体です。でも、一部に「もうそろそろおしまいですよ!」というサインも伺われます。(^^;)

(写真5)
出品を考えた「バンダ・セルレア」君の部、「集合~!」。(先日の雪もなくなっています。)

・・・。各地でで蘭展が開催、予定、終了したりしています。そう、そう、東京ドームもあと1ヶ月余りに。1/25から行われる「関西らんフェスタ」、JOGAの主催です。
この蘭展の今年のテーマは、 「青いランが大集合」・・・とは言っても今頃出展される通称”青物”はだいたい分かりますが。この蘭展、搬入方法は各自持ち込みでなくて指定業者まで持って行くと言うことです。(う・・・ん、JOGA関係のラン業者はお隣のF洋蘭園だjけ。おまけに、指定の業者だと滋賀県守山のツツミさんか岐阜の大垣さん。)

セルレア大好き故、(テーマに惹かれて、他の”青物”も一緒に出してみようかな・・・)と思案中。
そこそこの数の物があるので困ります。でも、23日の搬入締め切り日を前にぎりぎりで、(やめとこうかなあ~。)とも。今回の出品は、時間的なことと、距離、もう一つは、肝心の一番関心のある花が盛りを過ぎている、と言うことにあります。所属している会のために!とか、数あわせに出品を依頼され・・・と言うのとは別にして、(自分から出展してみようかなあ~。)という場合には、その花一つ一つがベストに近い形で出品したい!という”欲目”があります。その方が、”栽培家にとっても花にとっても幸せ!”と考えるからです。本来、花が咲いてくれるだけで満足・・が1番ですが、”たかが蘭展、されど蘭展”です。蘭づくりを通して、蘭とどう付き合っていくのか?人それぞれ人生観や価値観と関わってきますからね。(苦笑)

       人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!
by chika-kana | 2008-01-20 08:50 | バンダ・セルレア | Comments(9)
いつもだったら、”ぼつ”にしている花の中から少し拾ってみました。

(V.coerulea 4N) 
d0007501_315371.jpg

(たった1輪のアンセプス・ゲレーロ;あったこと忘れていました。)
d0007501_2102370.jpg

(ワルケリンター・セルレア;セルレアリップの色合い、形が・・・。)
d0007501_235041.jpg

(レプトティス・ビカラー;株だけ大物?)
d0007501_148281.jpg
d0007501_1484569.jpg

(C.trianaei 'The Grand' ;1輪、終わって、また1輪と・・・)
d0007501_3531694.jpg

(Soph.ブレビペデュンキュラータ;見ての通り、正面右下に・・・)
d0007501_262098.jpg

(Yonezawaara Blue Star ;フレグランス賞もの・・・笑)
d0007501_272570.jpg


・・・これらを見て、反省。また反省・・・。でも健気に咲いてくれて、ありがとう!!

        人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!


   
by chika-kana | 2008-01-19 02:17 | メイン | Comments(8)

C.キャンディーダ

C.candida ×sib (suavissima × semi-alba ’Tialucia’)
5花茎2輪開花8輪つぼみですキャンディーダ=チョコエンシスは、あくまで「下からのぞき込むように観るor撮影するといい…。」(S井氏の談)だそうですよ。(^_-)
d0007501_1283784.jpg

semi-albaっぽい花になりました。
d0007501_1294298.jpg

(補修前)何せ、キャンディーダのつぼみは ”寄り添う恋人…”
バルブ数18本。かなりの大株です。
d0007501_1322524.jpg

(補修後)達筆な年賀状が・・・。紙を挟んでしばらく開くまでおきます。
d0007501_1324764.jpg


・・・まもなく全開です。おとなしめの花ですが、ワク・ワク・・・。

      人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!
by chika-kana | 2008-01-17 21:19 | 原種カトレア | Comments(12)
d0007501_4233380.jpg

d0007501_4211637.jpg

               C.jenmanii fma.coerulea

 (‘Hyde’בAzul Star’BM/JOGA)
前回のセミアルバに続いて、「ジェンマニー・セルレア」です。3花茎6輪開花したのですが、一斉に開花と言うことには至りませんでした。株自体も成長半ばというので、早目に摘花してしまいました。

ジェンマニー・セルレアは、花全体は、原種らし楚々とした趣を残し、整型花とは言えません。でも、ペタルやセパルのほんのり上品なセルレア色、はっきりしたリップの縦筋模様等がその特徴です。また、tipoほどではありませんがセミアルバ同様の優しく甘い香りがしています。

        人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!
by chika-kana | 2008-01-17 04:26 | 原種カトレア | Comments(6)
d0007501_013447.jpg
d0007501_01475.jpg
d0007501_0153239.jpg
d0007501_0155246.jpg

              C.jenmanii semi-alba

2花茎3輪開花です。そのうち右端に写っている1輪は、1ヶ月前から開いていました。もうそろそろおしまいです。このジェンマニーのつぼみは、大きくなるまで結構日を要しました。花はご覧のように、少しだけ平べったく写っていますが、やはり実物には少しかなわないようです。
リップの紅色の入り方が何ともきれいです。また、ジェンマニーの大きな特徴である芳香には、少し離れたところからもそれとわかります。tipoも香りは強いのですが、不思議とセルレアはあまり香りが強くないのはなぜでしょうか?原生地では、川を挟む位な場所にラビアータと一緒に生えていると言うことです。形もよく似ているので、多分元々は同じ仲間だったのではないかと言われています。sibで個体名はありませんが、セミ・アルバの特徴をよく表している個体です。

         人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
by chika-kana | 2008-01-16 00:29 | 原種カトレア | Comments(8)
d0007501_045187.jpg

d0007501_055565.jpg
d0007501_062431.jpg
d0007501_064312.jpg

         C.percivaliana ’Summit’  FCC/RHS

温室の一番奥の少し高いところで咲いていた花の正体は・・・?
パーシバリアナ・サミット OG株 でした。ラベルを見たら、06年に購入と書いてありました。皆さんのお宅で咲いているパーシバリアナの立派な花を見ながら、「うちもサミットほしいなあ・・・」「ジュエルも良いなあ・・・」・・・と思っていました。手に取ってみるまで、サミットとは気づかず、「なかなか良い感じで咲いているなあ。でも周りの物を少しどかさないといけないし・・・。」と。本当にいい加減。平鉢で、計6輪咲いていました。いつかグルリ!と咲かせたいと思いました。ゆったりとしたペタル幅等を見ても、古くからの優秀花で、FCC/RHSと言うのも頷けます。

      人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
by chika-kana | 2008-01-15 00:16 | 原種カトレア | Comments(4)
d0007501_1241248.jpg

d0007501_1263033.jpg

                Lc.Mini Blue Star
名前はミニでも、大きな花をつけてくれた「ミニ・ブルー・スター」 1花茎2輪開花 です。
「ミニブルースター」は、コーネリアとミニパープルの交配です。
濃色セルレア・リップに、幅広ペタル・セパルが印象的な花です。
おまけに、花の大きさの割には、背丈が低いと言うこともその特徴の一つです。
狭い温室の中で、(あの大きな花は何だろうか?)と思ってやっとその存在を確認しました。
後ろの2輪目の花は他のカトレアの根に挟まれるように咲いていました。m(_ _)mです。
今日はこの冬一番の寒い日となって、雪も降っています。昨日は柔らかい雪、今日は少し水分を含んだ雪が、そして今はもっとふんわかな雪が空から舞い降りてきています。相当冷え込んでいます。晴れ間を見て、雪の中で撮影してみました。

          人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
by chika-kana | 2008-01-14 11:55 | 交配カトレア | Comments(10)
d0007501_1052539.jpg
 
d0007501_20342624.jpg

               C.Walkerinter fma.coerulea

通称;WI ワルケリンター・セルレア、1花茎2輪開花 OG株 です。
ワルケリアナ・セルレアにインターメディア・アメジスティーナを掛け合わせた作出者故浜坂氏の初期の交配株です。バチ弁のまん丸セルレア・リップに、ペタルやセパルの白さが映えています。芳香ありです。

          人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
by chika-kana | 2008-01-12 20:49 | 交配カトレア | Comments(2)

Holc.アメシアナ

d0007501_191193.jpg
d0007501_1913644.jpg
d0007501_1921533.jpg
d0007501_1924252.jpg

           Holcoglossum.amesianum    

余り見かけない蘭です。名前は、「ホルコグロッサム・アメシナム」と言います。
そもそもこのホルコグロッサムという蘭に興味を持ったのは、何年か前蘭友さんが東京ドームで、「ホルコグロッサム・サブリューム」という魅力的な花を購入、紹介していただいたのが初めての出会いでした。ちょうどその年は東京ドームにも行かなかったので、後日あちこちの蘭園に問い合わせをしてやっと1個体分けていただきました。このアメシアナは、名古屋でサブリュームを探していたときに、なくてしょうがなく買った株です。あれから2年、初めて花が咲いてくれました。結構大きめの花で!(^^)!です。もう一花茎つぼみが伸びているので、更に楽しみです。
株全体の写真も載っけましたが、根っこは太くて、変わった形をしています。芳香ありです。

         人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
by chika-kana | 2008-01-10 19:26 | その他の蘭 | Comments(4)

金沢発つれづれなるままに


by かな