金沢発つれづれなるままに


by かな
濃色個体のLc.Mini Purple coerlea Sano-NO1 。ミニ・パープルセルレアです。
d0007501_1465157.jpg

[#IMAGE|d0007501_1462110.jpg|200712/11/01/|mid|420|315#
d0007501_1474889.jpg
d0007501_1481773.jpg


リップのところが特に濃色のセルレアとなっています。
また、P&Sも全体的にセルレア色が載っていて、高貴な色合いを感じさせてくれます。
右のペタル;内側の形が少しだけ引っ込んだ形になりました。でも良い個体です。
この愛嬌らしさ、ミニ・パープル好きのお気持ちが分かります。(^_^)v


         人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
# by chika-kana | 2007-12-11 01:57 | 原種カトレア | Comments(5)

S.pumila

S.pumila ’Miwa’
d0007501_013014.jpg

S.pumila fma.oculata 'Imperatris'×self
d0007501_0135137.jpg



最初のpumilaは、濃色のtipo個体です。Miwaというのは、以前も紹介しましたが、2株目の個体です。F洋蘭園のお嬢さんの名前に由来するとか。今回は2輪目の開花で、ペタルに少し水がかかってしまいその痕跡が見られます。

2番目のエンペラトリスは、azabu経由です。やはり2番花です。ペタルの文様の入り方に特徴のある個体で、今後に期待の株です。

今日9日(日)は、宝塚のJOS12月例会に行ってきました。プミラの別個体を審査にかけようかとも思いましたがやめました。残念!参考に、JOSでは、カトレア原種では2つ以上の花を見て審査対象にし、プミラやジョンゲアナなどは、1輪でも審査の対象となると言うことでした。

       人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
# by chika-kana | 2007-12-10 00:35 | (従来の)レリア | Comments(4)

L.ちっちゃな妖精たち

・・・とは言っても、セルヌアやコクシネアではありません。(^_-)
Soph.(=L)albida `Sano NO-1`2花茎13輪開花 です。
d0007501_8341828.jpg



この個体、名前からも分かる通り岐阜の○野さんの遺品だそうです。岡崎の○扇さんに分けていただいた株です。ちっちゃなと言っても、カトレアには及びませんが、(6*5)はあります。長く伸びたステムから何輪ものピンクの花をつけ、ペタルにも白い筋が入っていて、とっても上品で可憐な花です。居間に置いてありますが、空気循環器の微かな風を受けて、花と花茎がゆ~ら、ゆら動いています。

          人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
# by chika-kana | 2007-12-08 06:12 | (従来の)レリア | Comments(7)
d0007501_18482658.jpg

                     C.walkeriana fma.concolor

ワルケリアナで、コンカラー・タイプの花です。ご覧のように、淡雪のような色合いです。
香りも良くて、姿形の少々物足りなさも関係なしです。ラベルがなくなって詳細は分かりませんが、片親にalbaが入っているものと見受けられます。昨日の’Esperad’HCC/ACWJ ×’Charm’とは、まるで違いますね。

         人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
# by chika-kana | 2007-12-07 19:28 | 原種カトレア | Comments(3)
d0007501_174949.jpg
d0007501_175463.jpg

                C.walkeriana ’Esperad’HCC/ACWJ ×’Charm’

我が家では初開花です。とにかく驚くほどジャンボサイズで見ごたえもあります。ラベルには、「05.11.28 from azabu 」と書いてあります。バルブもまん丸で美味しそう。素敵な花が咲いて!(^^)!です。

         人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
# by chika-kana | 2007-12-06 17:11 | 原種カトレア | Comments(5)
d0007501_84428.jpg
d0007501_8443253.jpg
d0007501_8445812.jpg

                  C.trianaei ’The President’ FCC/RHS

冬を代表する蘭の代表花、トリアネー「ザ・プレジデント」3花茎5輪開花、4蕾です。
兎に角今年のザ・プレジデントは、その名にふさわしく、花が超特大です。バルブが順調にせり上がって良い状態だったからでしょう。ピンク色のセパル&ペタル、濃色のリップ、黄色目が特徴です。
         人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
# by chika-kana | 2007-12-05 19:57 | 原種カトレア | Comments(7)

C.マキシマ

C.maxim a × self (alba×semi-alba 'La Pedrena') SM/JOGA
咲き始めは、全体に白っぽい色調です。
d0007501_20485533.jpg

(もしかしてセミアルバかな?)の期待はあったのですが・・・。
だんだんと淡い色のピンクに色調が変化してきます。

d0007501_2054334.jpg


こういった淡い色調のマキシマも、また違った趣があります。結局この時期の外での撮影の機会は初めの1回目だけでした。

         人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
# by chika-kana | 2007-12-03 20:57 | 原種カトレア | Comments(4)
C.Walkeriter fma.coerulea OG株
d0007501_11555777.jpg

セルレア・リップもフラットです。でも、本来はもっとバチ弁がはっきりしています。
d0007501_11563173.jpg

作出者;故浜坂氏曰く「サイズ的には良いが、ペタル幅が今ひとつ。Aの下でしょうね。」(予想)
d0007501_115728.jpg

株全体の姿です。もう一つ蕾が見えます。
d0007501_11572232.jpg

花芽花茎が後2本。バルブも美味しそうではないですか?(笑)
d0007501_11574356.jpg


約30年前、蘭を始めるきっかけとなった思い出の「ワルケリンター・セルレア」(故浜坂彰則氏作出。サンダーリスト登録)です。各地の温室を巡る旅の折々、園主さんにもプレゼントして喜ばれていたことを思い出します。

          人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
# by chika-kana | 2007-12-02 12:10 | 原種カトレア | Comments(8)

Soph.プミラ・セルレア

d0007501_20521711.jpg
d0007501_20531577.jpg

              Soph.pumila fma coerulea ’Tokyo’
1花茎1輪開花です。コルク栽培で10輪近くつけるプミラ栽培の名人さんには到底及ばない開花状態です。特徴として、ペタルが少ししこっています。でも、セルレアリップは濃色です。
これからも大切に育て上げ、是非とも多数の花を咲かせたいものです。(何年かかることか?)ラベルを見ると、06年8月11日く○○○ぎ農園からの購入となっています。暑い夏の一日、岡崎にドライブがてら行ったときの記念の一株です。    

        
[PR]
# by chika-kana | 2007-12-01 21:02 | (従来の)レリア | Comments(2)
d0007501_2057467.jpg
d0007501_218436.jpg

                    Lc(=Sc).Mini Purple coerulea

ミニパープル・セルレア、ジャンボサイズ(NS13.5*13.5)です。
まん丸ではありませんが、リップの展開、濃色セルレアは申し分ありません。
最初温室で咲いているのを見かけたときは、(妙に大きいセルレア個体だなあ。Kazuo Takamatsu かな?)と思っていました。写真撮影するときになって、ラベルを見たら何とミニパープル・セルレアでした。(爆) 芳香ありです。水苔平鉢栽培で、バルブもコロン、コロンして
いました。サイズと濃色セルレア色&ちょっと面長が特徴のミニパープル・セルレア。よろしく!!です。
[PR]
# by chika-kana | 2007-11-30 21:05 | (従来の)レリア | Comments(4)

マキシマ・アルバ

d0007501_5394873.jpg
d0007501_540169.jpg


                   C.maxima fma alba

マキシマ・アルバの株分け君です。1花茎3輪咲きと寂しい限りです。
まあ、バルブ数も6本と少ないので、来季に期待です。
・・・とはいうものの、マキシマはtipoでも、アルバでも、咲き始めの頃と比べると花の変化が結構楽しめます。色の変化はありませんが、リップ周りの形やペタルの張り方が、よりはっきりしてきます。ですから花数が少ない分すっきりと清楚な姿を楽しむことができます。

        人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
# by chika-kana | 2007-11-30 05:48 | 原種カトレア | Comments(5)

ジャイアント

先日紹介したC.walkeriana semi-alba '東京NO1'が、さらに咲き進みました。
d0007501_615284.jpg


日を追う毎に、ジャンボになり、貫禄もましてきました。
ずっと以前に、関東の番○さんが、そのジャンボな個体をセルフしていたことを思い出します。
確か個体名は「ジャイアント」だったかな?と。我が家のセルフも、まさに貫禄、風格、色合いからして、ジャイアントな東京NO1に近づいてきました。前回に比べて、リップがしっかりしたバチ弁になってきたこと、リップの色の濃さも良くて、セパルにも縦に一筋赤色が載っています。そのことからも、この個体の勢いの強さが伺われます。3輪のうち1輪はお行儀が少し良くありません。矯正すればそれなりになるのですが、今回はあるがままの姿をを楽しむことにしています。
           
[PR]
# by chika-kana | 2007-11-29 05:51 | 原種カトレア | Comments(5)

L.Pastral Symphony

d0007501_18561748.jpg

Soph(=L).Pastral Symphony coerulea

L(=Soph). pumira X L(Soph). sincoranaの交配で、パストラル・シンフォニーセルレアです。例年は7月の時期に咲く個体ですが、この時期に咲きました。この個体は、シンコラーナの血を強く引いています。小さい株ながらしっかりとしたバルブを形成します。根も力強く太く、風通しさえ気をつければ根ぐされもほとんど心配はいらないようです。今回は、1花茎1輪と寂しい開花でしたが、濃色セルレアリップ、ペタルにも、うっすらとセルレア色が載ってきれいです。                                                           
[PR]
# by chika-kana | 2007-11-27 19:09 | (従来の)レリア | Comments(4)
d0007501_1424371.jpg

                 C.walkeriana semi-alba '東京NO1'

SM/JOJA × self 1花茎3輪開花です。言わずと知れたワルケリアナ・セミアルバの代表的な良個体です。蕾も大きくて、開いているのを見たときは思わず(う・・・ん)と。まだ開き初めなのでどういう花になっていくかは定かではありませんが、大きい花であることは確かです。
ワルケリアナにはあまり興味は持っていませんでしたが、セルレアは個人的な好み。セミアルバ東京No1は、一度は育ててみたい個体でした。数年前に広島に出張の帰り、岡山で途中下車したところの、とあるデパートで蘭展をやっていました。会員出品の余剰株の中でつまんだのがこの株でした。当時からあまり生育状態は良くなかったのですが、「我が家のお大事株」の一つとして大事にしてきました。こうやって初めて東京No1の花を眺めてみると、さすがにその名前にふさわしい花(=美人さん)だなあ~と思います。(~o~)
[PR]
# by chika-kana | 2007-11-25 15:01 | 原種カトレア | Comments(12)

Soph.プミラ

Soph.pumila 1花茎1輪開花
d0007501_12112472.jpg

今までにない大きいサイズの個体になりました。

ペタル、リップも濃色で、特にリップの割れ目が☆のようにチャーミングです。

いつもながらのプミラですが、今回紹介の株は個体名なしですが、これまで咲いた中では
最も大きいサイズです。”ほったらかし栽培”でしたが、ちゃんときれいな花を咲かせて、「わたしはここよっ!」と存在感を誇示しています。愛らしいプミラです。

      
[PR]
# by chika-kana | 2007-11-23 11:11 | (従来の)レリア | Comments(5)

Soph.プミラ・アルバ開花

d0007501_18245420.jpg

                    Soph.pumila fma alba 'Bua'
1花茎1輪開花。やっtここさ、夢に前見た念願のプミラ・アルバを咲かせることができました。
これまで、セルレア、tipo、オキュラータ、デリカータ…と咲かせてきましたが、本当に嬉しいです。まん丸な形で、花も大きいです。ただ、株の状態があまり良くありません。結構日にも当ててきたし、寒さにも遭わせてきたので、良いところと悪いところを併せ持っています。今後さらに株を充実させて、もっともっと大きな花を咲かせたいなあ~との思いが。まあ、何はともあれ、長年の夢が叶って本当に嬉しいですね~。(^_^)v! ♪まん・まん・まるまる、ま~る、まる!♪
[PR]
# by chika-kana | 2007-11-20 18:34 | (従来の)レリア | Comments(6)
d0007501_10264387.jpg

                     Soph.alaori 1花茎1輪開花

アラオリも今季2回目の開花です。このアラオリ、全体の色はピンクではなくて白です。
おもけに、よく見てみると、リップの周りに赤いものが見受けられます。
アラオリに、「オキュラータ」というものがあるのでしょうか。あったら、アラオリ・オキュラータ?

       
[PR]
# by chika-kana | 2007-11-18 10:38 | (従来の)レリア | Comments(4)
d0007501_1201763.jpg

d0007501_11594993.jpg

d0007501_11591451.jpg
                        L.pumila ’Lionel’

5月にも咲いたプミラ・ライオネル、今季2回目の開花です。立派!(^_^)v
でも、よく見ると濃色ピンク色が所々若干薄いかなあとも感じます。濃色リップ、ペタル幅も広くて、ふっくらとしています。そう見ていたら、やや斜め上からのうつむき加減のアングルや、色っぽいスロート部分、そして襟足を思わせる後ろからの姿・・・と、何とも艶っぽい良個体です。
後ろ姿を見ると、カトレアのようとも思わせる面持ちが感じられます、

          人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します! 
[PR]
# by chika-kana | 2007-11-17 12:10 | (従来の)レリア | Comments(5)
(右;Snow Taka )
d0007501_15585067.jpg

               Sc(=Lc).Corneria fma.alba'Snow Taka' BM/JOGA

コーネリア・アルバの2個体目です。前回紹介したのは、個体名なしでしたが、今回は「Snow Taka」となっています。入手先のご主人「貴憲さん」からから、推測してみました。
「Snow=ゆき」「Taka=たか」=「ゆきたか」さんでは?お子さんの名前かな?
岐阜のY洋蘭園さんですので、真偽のほど分かった方教えてください。(笑)
…冗談はほどほどにして、この個体は、先のプミラ似の個体と比べて、さほど違いがあるというわけではありません。咲き始めは一回り小さかった花も、日を追う毎に大きくなってきました。スロートもすっきりと伸びていて、リップ周りも引き締まっているように見受けられます。
何よりも良いのは、花の大きさに比べて、背丈が低いことです。ワーディアン・ケース等での栽培にはもってこいだと思います。お勧めいたします。
       
[PR]
# by chika-kana | 2007-11-16 06:21 | 原種カトレア | Comments(5)

C.ワルケリアナ・チポ

d0007501_11202031.jpg

                  C.walkeriana tipo
(semi-alba Nalo ×coerulea Edward)です。このtipo君、どうも、写真写りが今一のようです。(人間でも同じ人っていますよね。)実物はもう少しリップ周りが丸いです。ワルケですから、芳香ありです。バルブがせり上がって順調な生育を見せていたので、もう少し立派な花かなあ・・・、と思っていましたが、美男美女からは・・・とうまいこと行かなかったようです。
tipoにセルレアが入っているので、面白いソフトピンクの色合いの花になりました。

           人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!  
[PR]
# by chika-kana | 2007-11-15 11:33 | 原種カトレア | Comments(4)