金沢発つれづれなるままに


by かな
d0007501_11154390.jpg

d0007501_11161559.jpg

            Robiquetia merillii 2花茎
通称「パイナップル・オーキッド」です。我が家に来てから、この株どんどん伸びて、現在約1m50cm以上に育ちました。ラベルを見ると、「清華蘭園」と書いてあります。記憶は定かではありませんが、以前、神戸蘭展でフィリッピンか台湾販売ブースで買い求めたものかと思います。この株は、フィリピン原産でcerina とか、 compressa とかあって、それぞれに赤花と黄花があるそうです。また、パプアニューギニア産では、背丈の低いmooreanaというのもあるそうです。基本的には、分布、自生状態など 東南アジア、インドネシア、フィリピン、オーストラリア、南太平洋諸島など。着生。約40種。茎(バルブ)、葉の特徴 茎の両側に楕円形の葉を10枚程度つける。(我が家の葉数と言ったら…記録もの?)花 花茎は、葉の付け根(葉腋)からでて、小さな花を密着して、団子状につけます。いわゆる集合花の一種。 パイナップルの花に似ているので、パイナップル・オーキッドともいうそうですが、残念ながらパイナップルの花は、まだ見たことありません。花期はだいたい春です。今開催中の新潟国際蘭展、無理してでも出品した方が良かったかなあ?いや、いや。もう、蘭展での賞とりは、もう結構・・・。欲得なしで、蘭そのものの開花を愛でるだけでいいかあ~。人気blogランキングへ;ここをワン・クリックお願い致します!
# by chika-kana | 2006-03-04 11:41 | その他の蘭 | Comments(7)

コクシネア

d0007501_18392263.jpg

             Soph.coccinea 2花茎2輪開花  
朱赤がとっても鮮やかできれいなコクシネア。花は小さいけれど、温室の中で咲いているその姿は存在感がいっぱいです。現地では、枯れかけた巨木や岩肌にびっしりと咲いた姿を見かけることは、ほとんどなくなったとか。たった1輪、2輪のコクシネアを見ただけでも、山肌が真っ赤に燃えたように咲き誇る・・・(三浦二郎さんのインターメディア特集)というお話が、今でも鮮明に蘇って来るから不思議です。また、大きい花が一休みする頃咲いてくれるこの花は、やはり貴重です。我が家には現在開花&蕾が5・6鉢あって楽しませてくれています。人気blogランキングへ;一押しお願い致します!
# by chika-kana | 2006-02-20 02:31 | その他の蘭 | Comments(8)

アンセプス・アルバ

d0007501_5163258.jpg

     L.anceps ’Snow Bird’ 2花茎5輪開花
ラベルには、「L.anceps ’Snow Brerd’(Mem.Bob Norton×Sanderiana)」となっています。色々調べたり、蘭友さんに調べて頂いたのですが、ラベルの表記間違いかプライベート・クロスか、それともそのまんまの名前なのか? 自分ではてっきり、「Snow Bird」だと思い込んでいたので、はっきりするまで、とりあえずはこの個体、「スノー・バード」と読んでいることに致します。でも、「ラベルは蘭にとっては命。名無しの札のついた蘭は価値がない」何てきつい言葉を、蘭栽培のスタート時点でのバイブル書に欠いてあったことを憶えています。まあ、いいかあ。自分で楽しんでいる分にはー。(bぉgと言う公の場に登場させるのは気がひけますが。)

長々と書いちゃいましたが、けなげに、凛として咲いているこのアンセプスを観ていると、L.ancepsのSanderiana系の良さが少しずつ理解できました。リップはフラットではないけれど、リップの先には、ほんのりと淡いピンク色がのっていて、サンデリアナ系の良さを気に入って交配した作出者の気持ちが伝わってきます。花も大きいので、これにもまして花茎、輪数を増やしてあげたいなあと思っています。 名無しの○○でも、蘭を育てる意味は全く同じですから・・・。
             人気blogランキングへ
# by chika-kana | 2006-02-10 05:40 | (従来の)レリア | Comments(9)
アンセプス・アルバをUPの予定でしたが、ピンチヒッター君の登場です。
d0007501_16591955.jpg

            Den.nobile  selected-Wild 
ネパール原産のノビルです。蘭を始めたのはDenがスタート、まもなく下垂系のDenに凝って、次第にカトレアに移ってきた経緯があります。回帰現象とでしょうか?3・4年前に以前から大切にしていた20年来デンドロ・ノビルが盗まれてから、どうしても愛着の年を絶ち得なかったのでネットで購入しました。その2株の中の個体名なしの株です。ヘゴ板を平らにして植え込んであります。成長半ばと言った状態ですが、咲きそろうとそれなりにきれいです。ちなみにバックの雪は、先週末にかけた雪で、もうすっかり解けてしまいました。
                 人気blogランキングへ
# by chika-kana | 2006-02-08 06:38 | その他の蘭 | Comments(8)
d0007501_19464629.jpg

           C.trianaei concolor 1花茎2輪開花
前回紹介した株の蕾が開きました。また、またUPしてしまいましたが、
今回の方が花の色ののり方もきれいです。トリアネーの中では、
形は整型花とは程遠いものですが、リップの色合い、ペタルの色が
何とも楚々としてしかも、何かしら”色気”も感じさせてくれています。
ふっくらした豪華な花も良いが、このように野性味があるのは、
やはり「山採り株」ならでは!だと思います。
d0007501_1758334.jpg

           Lc.Mona Pink"Hiromi"BM/JOGA
これは、Lc.Pri Pri × Lc.Mini Purpule の交配です。
いろんな個体があるようですが、真ん丸ペタルに、スプラッシュ、リップの
朱赤が鮮やかです。サンシャイン蘭展での個体が気に入って取り寄せ
ました。                
d0007501_181098.jpg

                    Lc.White Island
C.walkeriana とL.jongheanaの交配です。岡崎の黒扇さんから譲って
頂いた個体が開花し出しました。整形で、雪のようにキラキラと光るペダルが
素敵です。
             
                   人気blogランキングへ
# by chika-kana | 2006-02-03 19:56 | 原種カトレア | Comments(12)

カトレア;シュローデレ

d0007501_1844934.jpg

       C.schroderae2花茎3輪開花2蕾
我が家で初めての「カトレヤ シュローデレ」です。みなさんの温室とか蘭展で良く見かけてはいたのですが、なかなか買うまでの必要性を感じてはいませんでした。
こうやって育てて、咲いた花を見ると、みなさんに人気がある花だというのがよく分かります。
フレグランス部門では、優等生のシュローデレ君、やはりいい香でしたよ。(なで、なで)人気blogランキングへ
# by chika-kana | 2006-02-02 18:55 | 原種カトレア | Comments(3)

フラグミ

d0007501_225347.jpg

    Phrag.lindiayanum’Greneyrie’ PC/JOS
今までほとんど紹介の機会がなかったPhragの一つです。いつも構ってやってはいませんが、年間を通して花をつけています。そんな花も貴重ですね。水が大好きなPhragですので、鉢底はいつも水を張ってあります。いつかTVで見たエクアドルの自生地では、川岸の草むらにボイセリアナムの大株が咲いていました。(ああっ、こんな環境に育っているんだあ)と今更ながらに感心したことを憶えていますー。雑然とした温室内も映っていて、相済みませんです。
♪一押し、押してね♪ 人気blogランキングへ
# by chika-kana | 2006-01-30 20:52 | その他の蘭 | Comments(5)

ミニ・カトレア

d0007501_14133014.jpg

        Sc.Fairyland 'Parisienne'
1花茎3輪開花 我が家では貴重なミニ・カトレアの一つです。差し込んであったラベルには、何とPot.Love Tapestry ’Popular Song’ と言う表記が。(^_^;)植え替え時の明らかな間違いです。同じ花、しょーしんさんのブログにも紹介してありました。
(訂正)自信がなかったので、Rーパパさんに名前と花を確かめて頂きました。正しくは”Parisienne”では?というご指摘でした。そういえば、1輪だけですが、ペタルがもう少し丸くて、ピンク、ピンクの’Judy’が咲いています。Rーパパさんありがとうございました。しょーしんさんにもm(_ _)mです。

前回のトリアーネ・アルバ、ペタルがうまく展開したので、写真を差し替えました。ご覧下さい。

♪一押し、押してね♪ 人気blogランキングへ
# by chika-kana | 2006-01-29 17:04 | 原種カトレア | Comments(2)

トリアネー・アルバ

d0007501_14105290.jpg

 C.trianaei var.alba ’Bloom Hills’
1花茎2輪開花 トリアネー・アルバの優秀個体ですが、どこかさみしげにうなだれ気味に咲いています。先週末に妻の父を亡くし、寂しさに打ちひしがれる現在の我が家の家族の気持ちと、ごこか重なり合うような気がします。冥福を祈りつつ、誠実で、誰にも優しく、尊敬できた亡父に、改めて合掌!!です。
♪一押し、押してね♪ 人気blogランキングへ
# by chika-kana | 2006-01-25 15:36 | 原種カトレア | Comments(6)

トリアネー・コンカラー

d0007501_1857982.jpg

         C.trianaei concolor 
2花茎2輪開花2蕾。前回のconcolorの分株です。やはりエクアドルの業者から購入した山採り株ですが、株分け&植え替えて株の姿もすっきり、花は一回り半大きい、そして色の載り方も良いようです。開花して3日目ですので、欲を言えば、ペタルの開きがもう少しあってくれたらいいなあ~、と思います。コンカラー特有の淡い色合い、特にリップの先から、喉奥にかけての色の変化が面白いです。
♪ 一押し、押してね!♪ 人気blogランキングへ
# by chika-kana | 2006-01-19 19:10 | 原種カトレア | Comments(3)

トリアネ-

d0007501_19303892.jpg

       C.trianaei ’Jungle Queen’ 
前回UPした株で、別の花茎から上がった花です。後1花茎蕾があり、前回UPした花茎の花は痛んでしまいました。結局、全部の花が咲きそろうというわけにはいかないようです。残念!
今までにも、20輪以上の花を一度に咲かせたこともありますが、現実にはなかなか全部の花茎の花を、咲き揃えるというのは難しいなあ~と思っています。(つたない技術にもよりますがー。)
今回の花は、前回に比べると全体の雰囲気が感じられて、何かしら雰囲気あると思いませんか?
♪ 一押し、押してね!♪ 人気blogランキングへ   
# by chika-kana | 2006-01-15 19:35 | 原種カトレア | Comments(5)

トリアネー

d0007501_16503053.jpg

       C.trianaei semi-alba 'Okada' CBM/JOGA
2花茎5輪開花です。1輪でも華やかさを感じさせてくれる、セミ・アルバ;オカダです。
今年は植え替えをさぼったため、少し行儀の悪い姿となってしまいました。m(_ _)m
その分鉢からはみ出したバルブの勢いは良くて、普段より一回り大きい花をつけてくれました。
先日も、バルブ&花の姿を矯正して温室の入り口に一番近いところに置いておきました。
次の日の夜、電気をつけたと同時に(ふわ~っ!)と言う感じで何か迫って来ました。(うん、何かな?)と思って見上げるとそこにあったのが、花開いたこの花でした。
やはりこの花や、ムーレアナが咲くと、(ああ、新春なんだなあ~)と感じるのが恒例でした。
今年は12月の大雪騒動で、その気持ちもどこかへ吹き飛んだようになっていました。
今日は最高気温14.5度もあるということで、普段より暖かく感じる雨が一日中降っていました。
昨日までにほとんど溶けかかった雪が、また一段と解けることでしょう。ですから、車を走らせていると、辺り中ほとんど見えない位、もやっていました。
♪ 一押し、押してね!♪ 人気blogランキングへ  
# by chika-kana | 2006-01-14 17:05 | 原種カトレア | Comments(5)
d0007501_2095439.jpg

       C.Walkerinter var.coerulea 1花茎2輪開花   
この交配は、ワルケリアナ・セルレアとインターメディア・アメジスティーナの交配から作られました。同郷の故浜坂彰則氏が作出し、サンダーズリスト登録にも氏の名前で登録されています。今から約30年前、当時C.Walkerinterは故三浦二郎氏のところから全国的に販売されていました。しかし、三浦氏のワルケリンターはsemi-albaでした。(どうにかしてセルレアを!)の願いをかけた執念の末、セルレアの作出に成功。当時珍しく、JOSでもかなり評判だったり、知り合いの蘭友にお土産代わりに1つ、2つと分け与えて喜ばれていました。私も蘭づくりを始めたばかりでしたので、「この株を分けて下さい。」と軽々に申し出るのもはばかれるような頃でした。でも毎日日参しながら蘭談義や方々に出かけたりと言うこともあり、「これ育ててみませんか?」と言って手渡された時の感動は今でも鮮明に覚えています。そういうことで何個体か譲って頂けていた株の一つがこの株です。平鉢に植え替えて、今までにない大きさで咲いてくれました。昨年だったでしょうか?C.Walkerinter var.coerulea の個体で、とてつもなく良い形のものが入賞していたのを雑誌「New Orchids」で見ました。確か仙台蘭園さん?の作出個体だったかなあと思います。近年ワルケリアナのセルレアでも、素晴らしく丸くて良い個体が出てきているので、これからも同じ交配をしていくともっと良型のものが出てくることでしょう。形大きさは作出当時の面影を残してくれているこの株、敢えてC.Walkerinter var.coeruleaのオリジナルと言わせて頂けたら幸いかと存じます。(~o~)
♪ 一押し、押してね!♪ 人気blogランキングへ  
# by chika-kana | 2006-01-11 20:04 | 原種カトレア | Comments(9)
d0007501_21324763.jpg

      C.trianaei ’Jungle Queen’
咲きそろうとその姿に更に磨きがかかるという点では、
まさに「ジャングル・クイーン」の名前そのものです。まだ蕾の方が多いのです、後日また咲きそろったらUPしようと思います。 
♪ 一押し、押してね!♪ 人気blogランキングへ   
# by chika-kana | 2006-01-06 18:07 | 原種カトレア | Comments(8)
我が家のワルケリアナたち、動きは遅く、まだまだ蕾のままの個体が多いです。その中から、konan君ほか、2・3紹介します。元々、ワルケリアナのセミ・アルバはあまり持っていませんでした。(どちらかというとセルレアが多い) でも、蘭を始めてまもなくの頃(東日本でのワルケブームのずっと以前)は、蘭の先輩の影響を受けて、ワルケリアナは身近な存在でした。当時、1個体が数十万円もして、滅多に入手できないような頃でしたが、ワルケリアナの有名な個体はほとんど持っていて、その方の温室に行くといつも何かしらのワルケリアナが咲いていました。その方の温室には、珍しいものがないかと三浦メリクロンの故三浦二郎さんや須和田さんも遠方はるばるよく訪れて来ていました。勿論当時のJOSでも、例会があると一番たくさんの花を持って展示されていたことでも有名でした。その方の紹介で関西の蘭やさんを巡った時、故今井田さんと言う方(JOSで「Denと言ったら今井田さん」と言われた方)にプレゼントされ、初めて自分のコレクション株になったのが’konan’でした。当時ワルケリアナの価値も何にも分からないような状態でしたが、とっても貴重で嬉しく思ったのが印象に残っています。またその後に入手した大場さんのワルケリアナが気に入って、1998年頃からずっとHPの壁紙にもワルケリアナ・セミアルバを使っていました。(覚えている方いるかなあ?)その割には意外とワルケリアナには興味はなく、ワルケリアナを生業とされている佐藤さん外ワルケの会…とは、接触を持とうとしていなかった(佐野さんだけは、亡くなったご主人存命の頃から何度か蘭園等へも行っていた)のが現状です。ここ最近になって、(高価なものは買えませんが)気に入ったワルケリアナをセルレア、セミアルバを中心に育てています。とは言っても、HPやブログで知るワルケリアナを立派に育てている方の力量には到底及ばないのが現状。でも良いんです。この時期、この’暴れん坊コナン君’始め、いくつか蕾を付けているワルケリアナの成長を見ているだけでも何かしら幸せになってくるのですから・・・。単純!?
d0007501_7325935.jpg

       C.walkeriana semi-alba ’Konan’ PC/JOS

らっぴーさんの所の”暴れん坊さん”より更に、やんちゃぶりが見てとれます。もっとも開花以来日にちがたっているせいもありますが・・・。水苔、素焼き鉢に分けて植えたので元気になりました。
d0007501_7361852.jpg

C.walkeriana var.coerulea (‘Happy Field’בEdward’)
d0007501_7462289.jpg
・・・・・・C.walkeriana semi-alba 'Carmela'・・・・・
    ♪ 一押し、押してね!♪ 人気blogランキングへ
# by chika-kana | 2006-01-05 08:02 | 原種カトレア | Comments(8)

新春の温室、少しずつ花盛りになってきました。その中から一部、あまり目立たないものを紹介致します。
d0007501_2138733.jpg

     C.trianaei’Mooreana’FCC/RHS 2花茎4輪開花
花は咲きかけでまだまだこれからしっかりと展開していきます。トリアネーのクサビ花の代表品種です。これは正真正銘のOG株です・株が大きくなったので、菊用プラ鉢(7号)に、ミックスコンポで植え込んであります。
d0007501_17444019.jpg

       C.percivariana var.coerulea 'Farah Diba'
前回蕾だった分と、もう1鉢1花茎1輪開花1蕾 の2鉢ミックスのお披露目です。リップが神秘的な程に深いセルレアと、背丈の低い木ぶりが特徴です。
 今日はとりあえずこれまでとします。次回はワルケリアナを紹介致します。
♪ 一押し、押してね!♪ 人気blogランキングへ
# by chika-kana | 2006-01-03 17:58 | 原種カトレア | Comments(0)
皆様、新年明けましておめでとうございます!本年も皆様方と楽しく蘭を通してのお話をできたら幸いかと存じます。よろしくお願い申し上げます。 

d0007501_1841157.jpg

C.trianaei concolor エクアドルの山採り株です。形状 色合いはどう見てもコンカラーっぽくありません。また、形や大きさ、色合いは整型花に比べたら比較になりませんが、原種ならではの楚々とした趣を感じさせてくれます。年末から年始にかけてチョコンと2輪可愛く咲いてくれたので、ご褒美にUP致しました。
♪ 一押し、押してね!♪ 人気blogランキングへ
# by chika-kana | 2006-01-01 18:47 | 原種カトレア | Comments(8)

年の暮れに・・・

d0007501_13301453.jpg

          C. trianaei var. alba 'Aranka Germaske'
3花茎2輪開花4輪蕾です。温室の奥まったところに大きな蕾を重たげにしていまいした。
さっそく支柱で補強してあげたとたん、「ありがとう!」と言わんばかりに2輪だけ開花してくれました。思わずこちらも、ありがとうさん!です。(^_^)v
d0007501_1345640.jpg

   C.percivaliana var.coerulea 'Farah Diba' 2花茎1輪開花1蕾

2鉢に分けたパーシバリアナのセルレアの1つですが、今しがた温室でベンチの株を整理していて、(ふと)見ると、何とナメクジがべったりと花弁にへばりついているではありませんか。びっくりして、手元にあった塩をたっぷりふりかけて退治しました。(やれやれ)と思って良く見てみると、リップの一番濃いところをしっかりと食べられていました。滅多にいないナメクジですが、鉢の中に卵を産み付けていたのが今頃になって出てきたのか。残念!残りのもう一鉢は、1花茎で花も小振りですので、余計悔やまれます。あ~あ。  次は、こんな時期に”お・ま・け”のジェニーの登場です。
d0007501_13352914.jpg

            L.lobata’Jenii’1花茎2輪開花
確か今年たくさんの花をつけていた株ですが、鉢を一回り大きいのにしたので、このように早い時期に咲いたのでしょう。温室一番奥だったので気づかず、近くに4輪ほど花の終わった形跡を発見しました。まったく、m(_ _)mです。他にも2株ほど咲いているジェニーがあります。
このエレガンスなピンクの花、何にも増して好きなOrchidの一つです。
      ♪ 一押し、押してね!♪ 人気blogランキングへ
# by chika-kana | 2005-12-28 22:46 | 原種カトレア | Comments(8)
d0007501_1711320.jpg
C.trianaei var.amesiana 
1花茎2輪開花 です。
ひっそりと目立たず、でも良く見ると、
リップの淡い色合いが素敵でした。
♪ 一押し、押してね!♪ 
人気blogランキングへ
# by chika-kana | 2005-12-26 17:03 | 原種カトレア | Comments(6)
d0007501_9121665.jpg

C.percivariana tipo 2花茎3輪開花と、植え替えをさぼったせいで花茎も輪数も少なく咲きました。(ごめん!でも、咲いてくれて嬉しいよ。)と、思わず一言かけてあげました。ペタルに一筋、(らっぴー&sawaさん流に言うと)「キラ~ン!☆」とスプラッシュが入って、、ちょっと変わった色合い具合に咲いています。 
d0007501_1764118.jpg

咲き始めよりは、少しペタルの色が濃くなってきました。
写真ではあまり変わらないかあ~。 ^^;
♪ 一押し、押してね!♪ 人気blogランキングへ
# by chika-kana | 2005-12-23 09:27 | 原種カトレア | Comments(9)